Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

TRAINING & PERSONNEL CERTIFICATIONS

テュフズードインフォサービス

MDSAP 入門セミナー

(MEDICAL DEVICE SINGLE AUDIT PROGRAM)

 

 

MDSAP(Medical Device Single Audit Program)とは、米国、カナダ、ブラジル、オーストラリア、日本といった参加規制当局が民間の QMS 監査機関(MDSAP 監査機関)を共同で評価・認定し、その監査機関が実施した監査報告書を参加各国で活用するプログラムです。

医療機器メーカーにとっては、規制当局毎に個々に実施されていた査察或いは監査への対応を、一回の MDSAP 監査対応で済ませることができる点が、MDSAP 監査を受ける一つの利点とも言われています。カナダ域内に Class II 以上の医療機器を販売する場合は、2019年1月1日以降、MDSAP 認証書コピーをカナダ保健省(Health Canada)へ提出することが義務付けられました。また最近は、MDSAP 監査報告書を提示することによって、米国食品医薬品局(FDA)による定期査察(Routine Inspection)を回避したという医療機器メーカーの事例が聞かれるようになってきました。

本セミナーは、これから MDSAP 監査を受けようと検討している医療機器メーカーの品質保証、監査対応及び規制対応の責任者が、MDSAP と従来の ISO 13485 の監査がどのように違うのかという視点で、MDSAP 特有の不適合の重み付け、MDSAP 特有の監査工数の見積方法、重要性が高い MDSAP 参加国特有の要求事項等を身につけることを主眼に置いた研修コースです。また、MDSAP 監査は、その監査基準の多くが ISO 13485:2016 であるものの、監査の進め方が従来の ISO 監査とは大きく異なるため、MDSAP 特有の監査モデルについても理解して頂くことを目標にしています。

尚、本セミナーでは、MDSAP Audit Approach 文書(旧コンパニオンドキュメント)に記載されているタスク一つ一つの解説は致しません。MDSAP Audit Approach 文書の詳細解説は、新設コース「MDSAP Audit Approach 文書解説セミナー」で提供します。

【 旧名称: MDSAP(Medical Device Single Audit Program)セミナー 】

 

<< ご参加の方の声 >>

● できたつもりでいたが、再確認や追加対応が必要な個所が分かった。
● 主な公文書がまとめられており、分かりやすい。
● ポイントが簡潔で優先順位の付け方も明確であった。
● 対策について新たな視点が得られ、自社の見直しに使用したい。
● 具体的な要求事項が国ごとに分かった。

 

セミナーパンフレットのダウンロード [ PDF ]

 

MDSAP(Medical Device Single Audit Program)入門セミナー

【 東 京

    2020年 4月21日 (火)  10:00 - 16:30 (開催中止)
    2020年 9月18日 (金)  10:00 - 16:30 ※オンライン開催へ変更

    会場: テュフズードジャパン本社 (新宿)

【 オンライン 】

    2020年    9月18日 (金)  10:00 - 16:30 (終了) ※東京開催より変更
    2020年11月    9日 (月)  10:00 - 16:30 (受付中) ※追加

     ※オンライン開催の受講の流れについて、詳細は本ページの下部のご案内をご確認ください。

 
【 内 容 】

    ■ MDSAP の概要
    ■ 監査方法
    ■ 優先度の高い課題と対策の明確化
    ■ 質疑応答


【 講 師 】

   牛木 健雄
    テュフズードジャパン株式会社
    インフォサービス部 部長
    MDSAP 審査員、ISO 13485 主任審査員
    MDD ノーティファイドボディ主任審査員、博士(工学)
    2014年~2017年 テュフズードコリア株式会社 MHS事業部部長
    2008年~2013年 テュフズードジャパン株式会社 MHS事業部にて医療機器の主任審査員


【 対 象

 ISO 13485:2016 の監査対応のご経験がある或いは 弊社関連セミナー を既に受講された方
  (同業者・コンサルティング関係の方のご参加はご遠慮願います)


【 費 用 】

     42,000 円 (テキスト、税込み)

 

 

本セミナーのお申込み受付はこちらから

 

※オンライン開催 (Liveオンラインセミナー) の受講までの流れは以下を予定しております。
(申込後に自動で送信される受付完了メールとはご連絡内容が異なりますので、ご注意ください。)


①請求書はWEB発行となります。開催3営業日前までに、請求書をダウンロードしていただくためのご案内が
    メールで送信されますので、期日までにお振込みください。

 (振込期日は、請求書発行日より1ヶ月程度となります。)

    ※重要(2020年10月9日までにお申込みの方)※
     お申込み時に入力されたご住所がテキストの発送先となり、請求書にも記載されます。
     請求書に住所の記載を希望されない方は、別途メールでご連絡をお願いいたします。
     2020年10月12日以降は申込システムが変更され、請求書とテキスト発送先の入力欄が分かれているため、
     ご連絡は不要です。


② 開催3営業日前までに、弊社よりご参加方法やご利用方法についてメールでご案内いたします。

    ※Liveオンラインセミナーは Microsoft Teams を使用して実施いたします。
     Teams アプリをインストールされていない方は、ウェブブラウザ(Microsoft Edge または Google Chrome)
     よりご参加いただけます。また、事前のアカウント登録等の準備は必要ありません


③ テキストは開催の3営業日前までに東京から発送を予定しております。(前日までに配達予定)
 

    ※重要※
    お勤め先とは異なるご住所(ご自宅等)へのテキスト発送を希望される場合は、お申込み時に
    「配送先変更」欄にテキスト送付先情報をご入力ください。
 

弊社より配信されるメールは以下の3通となります。
・ 受付完了メール (セミナーお申し込み時に自動送信されます。)
・ 請求書関連メール (受講証は発行されません。)
・ 受講方法ご案内メール



パソコン、タブレット等はセミナー中もご利用いただけますが、以下はご遠慮くださいますよう
お願いいたします。
※ セミナー中の録音、録画
※ セミナー中に関係のない他の業務を行うこと


≪キャンセル規定≫
セミナー10日前から50%、前日からは100%をご請求させていただきます。
セミナー参加日程のご変更 (別日程の同種セミナーへのご参加) をご希望の場合も、
原則キャンセルと 同じ扱いになりますのでご注意ください。


お問合せ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa