サイバーセキュリティはすべての企業の優先事項に

企業は、デジタル化によってもたらされる効率性の向上、高い柔軟性、最先端のイノベーションを活用したいと考えています。しかし多くの企業は、インターネットを利用した攻撃の脅威を十分に考慮していません。マルウェアやランサムウェアに感染した場合、数分で業務が停止し、復旧には数千ドルの費用がかかります。また、ITセキュリティの侵害による風評被害は、特に個人の顧客データを含む場合、壊滅的なものとなります。

 

サイバーセキュリティとデジタル化は表裏一体 

デジタル化の進展に伴い、サイバー攻撃の機会も増加する可能性があります。だからこそ、すべての企業はサイバーセキュリティに真剣に取り組み、自社の物理的財産と知的財産の両方を守るための対策に投資する必要があります。可能な限り最高の保護レベルを保証するために、デジタルセキュリティは、すべての製品、基本的なビジネスプロセス、そしてグローバルなサプライチェーンを含むすべての組織レベルに「組み込まれて」いなければなりません。

脅威や攻撃に対する効果的で安全なバリアを構築することで、企業はサイバーリスクとの戦いに勝利することができます。全体的なメッセージはシンプルです。サイバーセキュリティへの投資は、企業に競争上の優位性をもたらし、それぞれの業界のマーケットリーダーとなることを可能にします。

 

サイバーセキュリティに投資をする理由

企業は、ITインフラやソフトウェアに付属する基本的なレベルのセキュリティツールのみに頼ることはできません。今日のサイバー攻撃は、かつてないほど高度で、標的が絞られ、効果的になっています。最高レベルのサイバーセキュリティを確保するためには、全体的かつ包括的なアプローチが必要です。

具体的には、物理的なインフラ、ITハードウェア、アプリケーションを保護するだけでなく、従業員を教育して権限を与え、サイバーセキュリティの脅威を最小限に抑え、さらには排除するアプローチをとります。

サイバーセキュリティのインフラに投資し、企業のサイバーセキュリティポリシーと認証を持ち、従業員の意識を高めることで、企業は積極的に脅威を最小限に抑えることができます。顧客データ、企業の知的財産、重要なインフラを保護することで、企業は自信を持ってビジネスのデジタル化を計画し、待ち受けているチャンスを最大限に活用することができます。

 

業界ニーズに合わせたサイバーセキュリティ

テュフズードは、サイバーセキュリティに関する評価、トレーニング、監査、認証のスペシャリストです。サイバーリスクの評価やサイバーセキュリティのトレーニング、セキュリティ認証プロジェクトの実施など、テュフズードの業界エキスパートは、企業のサイバーセキュリティの向上をサポートしてきました。

長年の経験、分野別のノウハウ、規制に関する専門知識から生まれたサイバーセキュリティサービスへの構造的なアプローチにより、テュフズードは様々な分野の企業をサポートしています。グローバルなセキュリティ基準へのコンプライアンスで組織を支援することで、テュフズードはクライアントが世界中の市場にアクセスできるようにしています。

 

サービス

サイバーセキュリティとデータ保護は、テュフズードのコアコンピタンスのひとつです。テュフズードは、リスク分析から、セキュリティ上の脆弱性の排除、事業運営の全体的な回復力まで、あらゆる段階でお客様のお役に立ちます。



業界・分野から選ぶ:

もっと知る

テュフズードジャパン27001
ストーリー

ISO 27001(ISMS)とは? 要求事項や認証取得までの流れ

ISO 27001の概要から要求事項、取得までの流れについて解説します。

詳細はこちら

IEC 62443 whitepaper download
ホワイトペーパー

IEC 62443 産業セキュリティ規格

産業サイバーセキュリティを確かなものに

もっと知る

サイバーセキュリティ
ストーリー

制御システムのサイバーセキュリティ対策

IEC62443で安全性を実証

詳細はこちら

Cyber security for medical devices
ウェビナー

IoT機器セキュリティに関する技術基準適合認定等について

本ウェビナーでは、この新たなセキュリティ基準の対象機器と技術要件、基準認証制度の審査について解説しています。

詳細はこちら

Consumer Products and Retail Essentials
ウェビナー

ペイメントサイバーセキュリティ

キャッシュレス決済分野におけるセキュリティ基準について、解説しています。

詳細はこちら

次のステップ

Site Selector