医薬品のサイバーセキュリティ

製薬会社のネットワークにおける運用と情報技術の保護

製薬会社のネットワークにおける運用と情報技術の保護

課題:ネットワークとテクノロジーの相互接続が進む時代における重要なデータの保護

 

技術の進歩により、ますます多くの製薬会社がデジタル化を受け容れるようになりました。このような動きにより、オフィスワークとリモートワークの従業員の双方がクラウド上で協力し、いつでもどこからでもデータやアプリケーションにアクセスできるようになりました。しかし、デジタル化へのシフトは多くのメリットをもたらす一方で、医薬品会社がこれまで考えもしなかったようなサイバーセキュリティ・リスクが増大しています。

製薬業界には、患者や医療従事者のポータルサイトを介して送信される情報を含め、大量の機密情報が存在するため、悪意のある個人の格好のターゲットになっています。実際、製薬業界やバイオテクノロジー業界の企業は、他の業界に比べ頻繁に標的にされ侵入に成功されており、その内の53%は悪意ある活動に起因しています。

これは、多くのビジネスおよび生産プロセスがグローバルなITシステムに依存していることが主な理由です。また製薬会社は、業務を継続的に運営しコストを抑えるためにアウトソーシングを利用しています。そのため、社内外のデータの信頼性と機密性を保証することは、非常に重要です。しかし、アウトソーシングとは非常に価値の高い知的財産を第三者に渡すということを意味します。この第三者が適切なサイバーセキュリティ対策を講じてない場合、知的財産は経験豊富なサイバー犯罪者に狙われやすい状態になります。

これは製薬会社にとって恐ろしい情報で、データ漏洩は知的財産の操作や無秩序な流出につながる可能性があります。サイバー犯罪者が、企業の知的財産セキュリティシステムのわずかな脆弱性を突いただけで、医薬品特許、臨床試験、研究プロジェクトやその他の開発品が一瞬にして盗まれる可能性があります。 

製薬会社のサイバーセキュリティは、製造、データ処理、その他の主要なビジネスプロセスに直接関与するネットワークや 機械だけでなく、それ以上のものに関わっています。全ての運用技術を潜在的なサイバー攻撃から保護する必要があります。さもなければ、運用技術への侵入は深刻な結果をもたらし、顧客や患者の過剰摂取または死亡につながる可能性もあります。

たった一度の侵入で、長年かけて築てきた顧客やステークホルダーとの関係が、瞬く間に崩れてしまいます。このような風評被害は、組織にとって回復が困難で重大な経済的影響を及ぼす可能性があります。

 

ニーズを理解

文字通り人命がかかっている中で、製薬会社としてサイバーセキュリティリスクに対処し、長期的に技術的な優位性を保つためには、以下の課題に積極的に取り組まなければなりません。

1. 満足のいく要件

 製薬会社を不正行為から守ることは重要であるにもかかわらず、残念なことに、これらの対策は医療業界では資金面で優先順位が低いのが実情です。このため、ほとんどの組織では、サイバーセキュリティ管理システムを導入する余裕がなく、厳格なコンプライアンス要件を十分に満たす形で導入することもできません。

データセキュリティ管理に関するもう1つの課題は、通常は製薬会社のデータインフラストラクチャが大きく、地理的に分散していることです。多くのデータセンターが国内あるいは世界中のさまざまな場所に設置されていることを考えると、全ての支店が最新の状態にあることを確実にすることは、企業の労働力を圧倒することになりかねません。

2. サイバーレジリエンスを活用したビジネスの継続

製薬業界で生き残るためには、停電や自然災害などの不測の事態に備えスタッフが何をすべきか知っておく必要があります。同様に、サイバー攻撃やデータ漏洩の可能性に備えなければなりません。サイバーセキュリティ対策が不十分な場合、規制上の要求事項や規則違反から生じる罰則のため、製薬会社の収益に重大な影響を及ぼす可能性があります。最悪の場合、サイバー攻撃の被害にあうと、患者、顧客、ステークホルダーなどから、製薬会社の機密情報を保護する能力に対する信頼が損なわれる可能性があります。

品質保証プロセスに不可欠な設備がダウンしたり、改ざんされた場合、顧客や患者が医薬品の品質低下による合併症を引き起こすリスクが高くなります。このような事態を防ぐために、サイバーレジリエンス戦略の重量な要素として、緊急事態対応計画を策定することが必要です。

3. サイバーセキュリティの活用による競争上の優位性

 サイバーセキュリティ対策が不十分な場合、規制上の要求事項や規則違反から生じる罰則のため、製薬会社の収益に重大な影響を及ぼす可能性があります。最悪の場合、サイバー攻撃の被害にあうと、患者、顧客、ステークホルダーなどから、製薬会社の機密情報を保護する能力に対する信頼が損なわれる可能性があります。

このような事態に陥らないために、できるだけ早い時期に信頼性の高いITインフラストラクチャとITシステムに投資する必要があります。そうすることで、評判を損なうことを防ぐだけでなく、顧客やステークホルダーの信頼を築きビジネス・チャンスの拡大につながる可能性があります。


 

テュフズードを選ぶ理由

テュフズードのサービスは、デジタル技術の安全な導入を促進し、お客様のリスクを最小限に抑え、国際標準化委員会にアクセスできるようにします。刻々と変化するセキュリティ環境に対応するため、国内外においてカスタマイズされたオーダーメイドのサービスを提供しています。

 

当社のさまざまな認定と、弊社の独自の、不可知論的で偏りのないエンジニアリングの専門知識により、貴社が製薬業界の変化を予測する支援をします。これにより、データインフラストラクチャ内の脆弱性を悪用される前に、新しいリスクに迅速に対応することができます。

当社はこの業界を支援するための実績と独自の地位を確立しています。実際に、製薬会社のサイバーセキュリティ問題に対処する際、信頼できるブランドとして世界的に認知されています。長年にわたり、常に変化する顧客のサイバーセキュリティのニーズに対応する能力が十分にあることを何度も実証してきました。

これまでの関係を通じて、テュフズードは、皆様のニーズを理解するのに最適な立場にいます。パートナーシップを通じて、皆様の組織全体の変革を可能にする最良の窓口となります。


医療機器におけるサイバーセキュリティの課題

Pharma icon医療業界における資金調達の優先順位が低い

サイバーセキュリティ予算の非優先化により、過去数年間、多くの製薬会社がデータ侵害の影響を受けてきました。これは、特に運用技術のセキュリティ対策にとって深刻な問題です。製薬会社はサイバー攻撃によって毎年平均3,110万米ドルの損失を被っていると専門家が推定しているように、こうしたコスト削減は利益より損害をもたらします。

 

Pharma icon インフラの地理的分散の大きさ

従業員のノートパソコン、タブレット端末、スマートフォンなど脆弱なエンドポイントが1つでもあれば、機密データがハッカーにさらされる可能性があります。つまり、研究開発に費やされた労力やリソースは、セキュリティ管理プロセスを1つでもすり抜けられれば、一瞬にして奪われる可能性があるのです。


 

Pharma icons

運用技術の保護

空調システム、防犯カメラ、証明制御、エネルギーモニタリング、機械・工場設備など製薬会社の経営に関わる管理システムもサイバー犯罪の侵入口になる可能性があります。各支店にある全てのエンドポイントを安全かつ定期的に更新することが重要です。


 

Pharma icon事業継続計画の有効化

一度のサイバー攻撃で、業務に支障をきたしたり、停止したりすることがあります。研究開発、製造、販売、マーケティングのいずれにおいても、このダウンタイムは、フルフィルメントや流通の失敗を意味し、最終的には収益の損失、契約上の罰金、ブランドの毀損につながる可能性があります。

 

Pharma icons 信頼性の高いITインフラストラクチャとセキュアなITシステムの利用

中枢となるITインフラストラクチャやシステムで手抜きをすると、長期的にはより多くのコストをかけることになります。最も弱い部分ほど強力にすることが重要なのです。いかなるサイバーセキュリティソリューションも最大限に活用するためには、信頼性の高いハードウェアと常に稼働するネットワーク上で動作しなければなりません。

 

Pharma icons バリューチェーンリスクの軽減と企業価値の強化

顧客、患者およびステークホルダーは課題に積極的に取り組むことを期待しています。予防策としてサイバーセキュリティに投資することは、特にデータのプライバシーや、さらには患者やエンドユーザ―の安全に関して信頼できる企業としての権威を高めることに繋がります。

 

 

 

テュフズードのアプローチ

 

  • アセスメントとナレッジサービス

    最先端のテクノロジーと包括的なテストプロセスを用いて、現在のシステムとソリューションについて徹底的な製薬業界のアセスメントを実施します。これには、インダストリアル・サイバー・セキュリティ(SecureSafety)および スマート・インダストリー・レディネス・インデックス(Siri)が含まれますが、これらに限定されるものではありません。また、インダストリー4.0セキュリティに照らしてお客様の業務がどのようなものであるかを評価します。

     

    さらに、高度なスキルと知識を持つ専門家が、技術的な適正評価、安全・セキュリティトレーニング、および広範な医薬品サイバーセキュリティ問題に対応できるデータセンターサービスを通じて、お客様のインフラ全体を安全で信頼性の高いものにするお手伝いをします。

  • マネージドサービス

    パートナー企業とお客様とのデジタルコミュニケーションやコラボレーション・チャンネルを確保するために Uniscon社のidGard  を活用しています。これは、国際特許を取得した密閉型クラウドテクノロジーを使用して、最大レベルのデータ保護を可能にする信頼できるSaaS(Substitute-as-a-Service)プラットフォームです。製薬企業が扱うことの多い知的財産など、価値の高いデータを保護するための鍵となる機能です。

     

  • 評価・試験・認証

    製薬会社は、認証、アセスメント、試験のあらゆるニーズに対応するためテュフズードを利用しています。当社のサービスは、以下の項目に従い施設とプロセスを評価することで、組織が様々な国際基準に遵守し続けるための支援を行っています。

    • スマートヘルスケア/医療サービスに関するセキュリティチェック
    • サイバーセキュリティ・インデックス
    • ネットワーク、アプリケーションおよび組み込み型ペネトレーションテスト
    • データセンターのインフラストラクチャ・サービス
    • データ保護 ISO 27701
    • ISO/IEC 27001 認証
    • IEC 62443 認証

    試験サービスのお問い合わせはこちら

  • トレーニング

    サイバー攻撃を阻止するためには、サイバーセキュリティに対する意識を高めることが鍵となります。トレーニングではセキュリティ担当者やIT担当者だけでなく、組織全体の全従業員を対象に行うべきです。そのため、以下のようなクラスルーム形式とオンラインの講座を提供しています。

    • スマート・インダストリー・レディネス・インデックス (SIRI)
    • 情報セキュリティ審査員(ISO 27001)
    • 情報セキュリティ責任者(ISO 27001)
    • 情報セキュリティ・ファウンデーション (ISO 27001)
    • 情報セキュリティ :セキュリティアウェアネス
    • 情報セキュリティ・ファウンデーション
    • 医療機器向け情報セキュリティ・ファウンデーション

もっと知る

Smart healthcare
ブログ

スマート・ヘルスケア

高齢化をより良いものにするための新しいテクノロジーソリューションズ

詳細はこちら

Wearable Doctors
ブログ

ウェアラブルドクター

私たちの健康の管理・改善のために姿を変える追跡方法

詳細はこちら

AI in medical devices

Artificial Intelligence in Medical Devices

Verifying and validating AI-based medical devices

Learn More

リソースセンターへ

次のステップ

Site Selector