Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

TRAINING & PERSONNEL CERTIFICATIONS

テュフズードインフォサービス

医療機器のユーザビリティエンジニアリング解説セミナー

 

 

医療機器へのユーザビリティエンジニアリング

医療技術の進化により、医療機器の USE ERROR(使用エラー)による安全上の問題を防止することのニーズがますます高まっています。2007年にユーザビリティエンジニアリングの国際規格として IEC 62366:2007 が発行され、IEC 62366-1:2015 として改正されています。なお、この規格は IEC 規格として発行されていますが、能動医療機器だけでなく非能動医療機器を含むすべての医療機器を適用範囲としています。

欧州では、MDD から MD Regulation への改正において、ユーザビリティに関する要求事項が強化されています。また、日本でも IEC 62366-1:2015 の JIS 規格版(JIS T 62366-1:2019)が発行され、それに関連する厚生労働省の通知も出されています。

ただしその一方で、欧州では EN 62366:2008(IEC 62366:2007)を整合規格として用いており、日本でも認証基準として用いられている JIS T 0601-1:2017 が孫引用の形で IEC 62366:2007 への適合を求めています。

本セミナーでは、まず医療機器のユーザビリティエンジニアリング国際規格の最新版 IEC 62366-1:2015 を基本に、 日本、欧州の規制対策上、まだ視野に入れておく必要のある IEC 62366:2007 / EN 62366:2008 もカバーした解説を行います。そして後半で、メーカーとしてあるべきユーザビリティエンジニアリングの姿について検討していただくための解説をいたします。あわせて UOUP(設計来歴がわからないユーザビリティ)の考え方、ガイダンスである IEC/TR 62366-2:2016 についてもご説明します。


<< ご参加の方の声 >>

● ユーザビリティ実導入の方法についての説明があり分かりやすかった。
● 基礎から応用まで幅広く理解できた。
● どのようなアプローチをすればよいか理解できた。
● 具体例がとても参考になった。
● ISO 13485、ISO 14971 と IEC 62366 を一緒に運用できるような例があった。

  

セミナーパンフレットのダウンロード [ PDF ]

 

 医療機器のユーザビリティエンジニアリング解説セミナー
【 東 京
 

    2020年 3月10日 (火) 10:00 - 16:00 (終了)
    2020年 6月18日 (木) 10:00 - 16:00 (終了)
    2020年10月29日 (木) 10:00 - 16:00  ※オンライン開催に変更

     会場: テュフズードジャパン本社 (新宿)

 
【 オンライン開催 】

    2020年10月29日 (木) 10:00 - 16:00 (受付終了)

     ※オンライン開催の受講の流れについて、詳細は本ページの下部のご案内をご確認ください。


【 内 容 】

     1. イントロダクション

     2. IEC 62366-1:2015 / IEC 62366:2007 基礎
      ● 欧州規制、米国の状況
      ● QMS、リスクマネジメントとの関係性
      ● IEC 62366-1:2015 / IEC 62366:2007 概要

     3. IEC 62366-1:2015 / IEC 62366:2007 応用編
      ● UOUP (設計来歴がわからないユーザビリティ)
      ● ツール、メソッド
      ● 実務的なユーザビリティエンジニアリングの進め方
      ● IEC/TR 62366-2:2016 について


【 講 師 】

    村山 靖
     テュフズードジャパン株式会社
     インフォサービス部 部長代理
     GHTF SG3 等医療機器の規格・規制の国際会議前日本代表メンバー
     ISO 13485:2003 初版ドラフト起草メンバー
     20054月まで 薬事法登録認証機関協議会(ARCB) 副代表幹事
     現在 ISO/TC 210 国内対策委員会客員(WG1委員)
     JIS T 14971 原案作成 WGメンバー
     JIS T 62366-1 原案作成 WGメンバー
     ISO 13485:2016 (JIS Q 13485:2018) / 同実践ガイド 翻訳グループメンバー


【 対 象

 医療機器メーカーの方
  (同業者・コンサルティング関係の方のご参加はご遠慮願います)


【 費 用 】

     37,000 円 (テキスト、税込み)

 

本セミナーのお申込み受付はこちらから

 

※オンライン開催 (Liveオンラインセミナー) の受講までの流れは以下を予定しております。
(申込後に自動で送信される受付完了メールとはご連絡内容が異なりますので、ご注意ください。)


①請求書はWEB発行となります。開催3営業日前までに、請求書をダウンロードしていただくためのご案内が
   メールで送信されますので、期日までにお振込みください。

 (振込期日は、請求書発行日より1ヶ月程度となります。)


   ※重要(2020年10月9日までにお申込みの方)※
     お申込み時に入力されたご住所がテキストの発送先となり、請求書にも記載されます。
     請求書に住所の記載を希望されない方は、別途メールでご連絡をお願いいたします。
     2020年10月12日以降は申込システムが変更され、請求書とテキスト発送先の入力欄が分かれているため、
     ご連絡は不要です


② 開催3営業日前までに、弊社よりご参加方法やご利用方法についてメールでご案内いたします。

   ※Liveオンラインセミナーは Microsoft Teams を使用して実施いたします。
     Teams アプリをインストールされていない方は、ウェブブラウザ(Microsoft Edge または Google Chrome)
     よりご参加いただけます。また、事前のアカウント登録等の準備は必要ありません

③ テキストは開催の3営業日前までに東京から発送を予定しております。(前日までに配達予定)

   ※重要※

   お勤め先とは異なるご住所(ご自宅等)へのテキスト発送を希望される場合は、お申込み時に
   「配送先変更」欄にテキスト送付先情報をご入力ください。


弊社より配信されるメールは以下の3通となります。
・ 受付完了メール(セミナーお申し込み時に自動送信されます。)
・ 請求書関連メール (受講証は発行されません。)
・ 受講方法ご案内メール



パソコン、タブレット等はセミナー中もご利用いただけますが、以下はご遠慮くださいますよう
お願いいたします。
※ セミナー中の録音、録画
※ セミナー中に関係のない他の業務を行うこと


≪キャンセル規定≫
セミナー10日前から50%、前日からは100%をご請求させていただきます。
セミナー参加日程のご変更 (別日程の同種セミナーへのご参加) をご希望の場合も、
原則キャンセルと 同じ扱いになりますのでご注意ください。


お問合せ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa