Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

Safe Quality Food(SQF)

食品安全認証

SQF コードについて

SQFとは、食品サプライチェーンの全セクター(一次生産から食品小売および食品包装材の製造に至るまで)を対象にした食品安全システムおよび品質システムの認証プログラムです。SQFコード第8版は、2018年1月2日以降の審査に適用されています。


特徴1: SQF食品安全コードは、GFSI(Global Food Safety Initiative)が承認した食品安全管理標準規格の一つです。

特徴2: SQFは、3つの認証に分けられます。

特徴3: 個別の文書として、SQF食品安全コードが利用できるようになりました。

特徴4:SQF食品安全コードは、コーデックス委員会のHACCPガイドラインに基づいて作成されており、SQF品質コードでは品質的害脅威の分析も実施致します。

特徴5:品質コードの認証を取得すると認証マーク(SQF品質シールド)を製品に貼付できます。

(段階的な)3つの認証

SQF食品安全の基礎(小規模および発展中の企業向け)

SQF食品安全コード

SQF品質コード

業種ごとのSQF食品安全コード

  • 一次生産者のSQF食品安全コード
  • 製造のSQF食品安全コード
  • 保管および流通のSQF食品安全コード
  • 食品包装のSQF食品安全コード
  • 小売向けのSQF食品安全コード

テュフズードジャパンでは、米国で最初にSQF 認証プログラムの認定を受けた登録審査機関であるテュフズードアメリカの傘下において、SQF認証サービスをご提供いたします。

もっと知る

Safe Quality Food SQF
ケーススタディ

静岡温室農業協同組合

メロン生産者が「Global G.A.P」認証を活用、海外販路の開拓に成功

詳細はこちら

グローバルギャップ
ケーススタディ

JAとうや湖

洞爺湖を抱く豊かな大地に根付くGLOBALG.A.P.認証地域一体でクリーン農業を推進

詳細はこちら

男前豆腐ケーススタディ
ケーススタディ

男前豆腐店株式会社

日本の伝統食品「豆腐」に、世界基準のマネジメント・システムを採用独自ブランドを支える安心・安全な食品作りのために第三者認証に挑戦

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa