Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

Global G.A.P.

食品安全認証サービス

ドイツに本部を置く非営利団体FoodPLUSが運営する、世界中の農・畜・水産物を監査できる食品安全の総合的な適正農業規範(GAP)基準です。
Ver5.3版の青果物規格は食品安全の国際規格となるGFSI(Global Food Safety Initiative)指針文書とのベンチマークを受けた規格の一つとされ、今後、グローバルビジネスを進める上で注目される認証となります。
なお現在弊社では規格Ver5.2版での認証を提供しており、こちらは現在、GFSI承認は受けておりません。詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

GLOBALG.A.P is as Good Agricultural Practices (GAP) standard administered by FoodPLUS, a non-profit organization based in Germany for food safety which is able to assess agricultural, livestock and marine products worldwide 
The ver 5.3 version of the fruit and vegetable standard is one of the standards benchmarked against the Global Food Safety Initiative (GFSI) guiding document, which is an international standard for food safety, and it will be an important factor in the future for global business.
Currently, we are providing certification for the version 5.2 of the standard, which has not been approved by the GFSI. Please feel free to contact us for more information.


Global G.A.P. 

GLOBAL G.A.P.


認証対象品目

  • 農作物: 青果物・コンバイン作物(穀物など)・茶・花卉と観賞用植物・種苗
  • 家畜: 牛・羊・豚・酪農・家きん
  • 水産養殖: 魚類・甲殻類・貝類 (サケ・マス・エビなど)

Global G.A.P. 取得の5つのメリット

1. 食品安全、労働安全、環境保全上のリスクを管理し、作業者への教育を行うことによって、事故の発生を未然に防ぐ仕組みを構築できる。

2. 栽培管理、出荷までの衛生管理、資材の在庫管理、及び事故発生時の対応手順の整備等により、業務上のムダを減らすことができ、経営効率化のツールとなる。

3. 認証取得生産者は、GlobalG.A.P.データベース上での検索が可能となるので、幅広いビジネスチャンスをつかむ契機となる。

もっと知る

Safe Quality Food SQF
ケーススタディ

静岡温室農業協同組合

メロン生産者が「Global G.A.P」認証を活用、海外販路の開拓に成功

詳細はこちら

グローバルギャップ
ケーススタディ

JAとうや湖

洞爺湖を抱く豊かな大地に根付くGLOBALG.A.P.認証地域一体でクリーン農業を推進

詳細はこちら

男前豆腐ケーススタディ
ケーススタディ

男前豆腐店株式会社

日本の伝統食品「豆腐」に、世界基準のマネジメント・システムを採用独自ブランドを支える安心・安全な食品作りのために第三者認証に挑戦

詳細はこちら

ISO 9001:2015 Quality Management System
ホワイトペーパー

ISO 9001:2015

ISO 9001:2015改定に関する詳細、認証取得の準備に必要な資料をご紹介します。

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa