TRAINING & PERSONNEL CERTIFICATIONS

テュフズードインフォサービス

テュフズードインフォサービス

 

SQF システム実施トレーニングコース 

Implementing SQF Systems Training Course

  
本コースは、SQFI の認可を受けた 「SQFI オフィシャルトレーニングセンター」 として
開催しております。SQFに関する最新の情報は SQF Institute WEB site からも入手することができます。

 

SQF(セーフ・クオリティ・フード = 安全で高品質な食品)規格は、食品加工だけでなく農場から流通といったフードチェーン内の全ての分野がカバーされるように作られた食品安全及び品質マネジメント規格です。本規格は HACCP を土台とする食品安全・品質管理システムで構成されており、GFSI(グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ)の承認規格の一つとして国際的に普及しており、国内でも 300 施設以上の認証実績があります。

テュフズードジャパンは、SQF 規格の管理団体である SQFI に認可された SQF トレーニングセンターとして、SQF食品安全規格に基づく「SQF システム実施トレーニングコース」を日本語でご提供しております。(SQF 品質規格に基づくトレーニングについても別途開催しております。)

本講習は日本語化された SQFI の公式トレーニングマテリアルを用いて経験豊かな専門の講師が分かり易く解説いたします。(本トレーニングの SQFI 公式の試験についても、コース内で日本語にて受験していただけます。)


SQF 規格内の要求事項では、システムの完全性を高めるため、SQF プラクティショナー(SQF実施責任者)の任命が義務付けられています。 SQF プラクティショナーは、組織での SQF システムの開発、実施、レビュー、維持の監督の責務を担うために、規格内では以下の要件を満たす事が求められています。 

① サイトからフルタイムの会社従業員として雇用されていること
② サイトの SQF システムマネジメントに関して責任を負う役職についていること
③ HACCP に基づくトレーニングコースを修了していること
④ HACCP に基づく食品安全プランを実施および維持する力量があること
⑤ SQF 食品安全コードと、サイトの認証の対象範囲に関連する SQF システムの実施および維持の要求事項を理解していること

※本コースは、「製造の SQF 食品安全コード(第9版)」に基づいた内容になっております。
  SQF 品質規格で求められる品質プラクティショナーのためのトレーニングにつきましては、
  別途下記トレーニングコースが用意されています。

SQF 品質コード実施トレーニングコースはこちら 
 

<< ご参加の方の声>>

・ 講習の進め方が分かりやすく、良く理解できた
・ 当社に役立つと実感
・ 今後やるべきことが明確になった
・ 具体例を挙げて丁寧に説明いただいた


食品関連セミナー 2022年スケジュールは、こちらよりパンフレットのダウンロードが可能です

 

SQF システム実施トレーニングコース

【 東 京 :2022年】

    2022年 4月25日 (月) ~ 4月26日 (火) (終了)
    2022年10月 4日 (火) ~10月 5日 (水) (受付中)

    会場: テュフズードジャパン本社 (新宿)

 

【 大 阪:2022年 】

    2022年 5月25日 (水) ~  5月26日 (木) (終了)
     
 

 

【 福 岡:2022年 】

     2022年 4月20日 (水) ~  4月21日 (木) (終了)

 
  会場:福岡市内

 

【 スケジュール 】
 
    1日目 10:00 - 18:00 (受付は9:30より)
    2日目   9:00 - 17:00
 
 
 
【 対 象 】
 

    ・SQF プラクティショナー候補の方
    ・SQF 規格要求事項、SQF システムの実施について学びたい方
    (同業者の方のご参加はご遠慮願います)

 

【 講 師 】

    SQFI 登録トレーナー

 

【 内 容 】

    ・ コース説明
    ・ セクション1:SQF システムについて
    ・ セクション2:SQF システム要素
    ・ セクション3:適正業界規範
    ・ セクション4:SQF認証手続き
    ・ セッション5:食品安全システムの改善
    ・ まとめ
    ・ テスト
  

   ※※※※※  重要なご案内  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※
   
   本コースは SQF システムの運用に関するワークショップが含まれますため、ご参加者は事前に
   ご自身の業務に関連する SQF コードを SQFI ウェブサイトからダウンロードの上、内容に目を
   通し、理解を進めておいていただく必要があります。

   また、ご自身の SQF コードは研修当日にご持参いただきますようお願いいたします。
   弊社から配布する資料一式には含まれておりません。

   >> SQF コードのダウンロードはこちら(SQFI サイト内)

   ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

【 試験について 】

     弊社で受けられるペーパーテストは、 一次生産(Primary Production)または製造
   (Manufacturing)のどちらか一方、1回のみ 
となります。
     合格された方には、SQFI より証書が発行されます。

     SQFI の WEB サイトより、オンラインでご自身で受けていただくことも可能です。
     その場合セミナーは <受講のみ> でお申し込みください。

     ※ 2022年 1月現在では、日本語のオンライン試験はございません。
          以下の SQFI ウェブサイトよりご確認ください。

  >> オンライン試験はこちら(SQFI サイト内)


   ペーパーテストに万一不合格となり、再試験をご希望の方は:

     1. SQFI の WEB サイトで、オンライン試験をご自身で受けていただくことが可能です。(有料 ※下記参照)
 
     2. 次回以降のテュフズードジャパン株式会社主催「SQF システム実施トレーニングコース」開催時に 試験の部分のみ
        ご参加いただき、ペーパーテストを再度ご受験いただけます(有料。ご希望の場合は、別途お問い合わせください。)
  
     ※SQFI の WEB サイトで、現状提供されているオンライン試験は英語又はスペイン語となります。
        また WEB サイトでの試験申し込み手続きの画面も英語のみとなりますのでご注意ください。


【 費 用 】

    <受講および試験> 116,000 円 (テキスト・参加証明書・昼食・試験・税込み)

    <受講のみ>            105,000 円 (テキスト・参加証明書・昼食・税込み) 

    ※ 最少催行人数:2名

 

 

本セミナーのお申込み受付はこちらから

 
※各回共に開催の約2ヶ月前の受付開始を予定しております。


HACCP 実践トレーニングコースはこちら
SQF 品質コード実施トレーニングコースはこちら


パソコン、タブレット等はセミナー中もご利用いただけますが、以下はご遠慮くださいますよう
お願いいたします。
※ セミナー中の録音、録画
※ セミナー中に関係のない他の業務を行うこと


≪キャンセル規定≫
セミナー10日前から50%、前日からは100%をご請求させていただきます。
セミナー参加日程のご変更 (別日程の同種セミナーへのご参加) をご希望の場合も、
原則キャンセルと 同じ扱いになりますのでご注意ください。


お問合せ

Site Selector