Training

TRAINING & PERSONNEL CERTIFICATIONS

テュフズードインフォサービス

テュフズードインフォサービス

【 オンライン開催 】

医療機器のEMCノイズ対策手法とIEC 60601-1-2 第4.1版に有効なメソッド

~ IEC 60601-1-2 第4.1版への有効な対策 ~

[MED-EMC]

医療機器においては、国際的に IEC 60601-1-2 に基づいた EMC 試験に合格することが法規制対策上必須となっており、この改訂版 Amendment 1:2020(AMD1:第4.1版)が 2020年9月に発行されました。また、日本においても、Amendment 1:2020(AMD1:第4.1版)に基づくJIS T 60601-1-2:2023 が発行され、2026年2月末より適用が予定されています。

国際規格 IEC 60601-1-2 に基づいた EMC 試験に合格するためには、規格の要求事項の理解とともに、医療機器の設計・開発のなるべく早い段階から有効な EMC ノイズ対策を取り込んでいくことが重要です。例えば、接地部位の工夫などによってノイズに強い医療機器の設計が得られます。しかし、そのような対策手法は EMC 試験法の規格書を見ても全く情報が得られず、技術的な文献などによる情報の収集も難しい状況となっています。

更に、EMC 試験を外部試験所に委託する際に試験計画の提出が求められますが、当該規格の附属書Gを見ても、どのようにして試験計画を作成すればよいか分からない、といった声がよく聞かれます。

そこで、EMC ノイズ対策として一般的に有効とされる手法及びIEC 60601-1-2 第4.1版に有効なメソッドを、長年第一線でEMC試験に携わる技術者が、豊富な実務経験をもとに専門家の視点で丁寧に解説し、理解を深めていただくセミナーを企画しました。

また、第4.1版から適用になる近接磁界イミュニティ試験の要求事項等、第4.1版と第4.0版との主な違いについても解説いたします。

ご興味のある方、これからEMC試験を検討される方にとって、実践につながる知識を得ていただく機会になります。
ぜひご受講をご検討ください。

  

 
 医療機器の EMCノイズ対策手法と IEC 60601-1-2 第4.1版に有効なメソッド
 ~ IEC 60601-1-2 第4.1版への有効な対策 ~

【 オンライン開催 】

    2024年 7月 5日 (金)  13:30 - 17:00   (受付中)

      ※オンライン開催の受講の流れについて、詳細は本ページの下部のご案内をご確認ください。
  

【  内 容 】

    13:30 - 16:45  講義
      ・イントロダクション    
      ・EMCノイズ対策手法について
      ・IEC 60601-1-2 第4.1版に有効なメソッド
    - 第4.1版で改正された試験内容
    - 第4.0版について
    - テストプラン
    - リスクアセスメント

    16:45 - 17:00  質疑応答 (終了時間が前後することもございます。)
 

【 講 師 】

     丸川 信明
     テュフズードジャパン株式会社
     技術サービス本部 EMC 技術部 EMC ラボ
     20年以上の EMC 試験の実務経験あり
     800件以上の EMI、EMS の試験、対策及び技術相談に携わる
   
     モデレーター: 佐藤 千秋 
     テュフズードジャパン株式会社 インフォサービス部
     2008年から 2023年まで複数の審査機関において医療機器の品質マネジメントシステム審査に従事
     生物由来原料を含む医療機器、体外診断用医薬品、非能動医療機器(単回使用医療機器、
     埋め込み医療機器、歯科材料等)分野のエキスパート


【 対 象 】

     医療機器の EMD (EMC) 対応の設計に従事されている方
     医療機器の EMD (EMC) の試験を担当する方
     医療機器の QA/RA 部門の方
    (同業者・コンサルティング関係の方のご参加はご遠慮願います)

  
【 費 用 】

      34,000 円 (テキスト、税込み)

 

本セミナーのお申込み受付はこちらから

※受付中セミナーの お申込み期日はこちら よりご確認いただけます。

> 証書の発行について
> クラスルーム開催とオンライン開催の特徴について

※オンライン開催 (Liveオンラインセミナー) の受講までの流れは以下を予定しております。
(申込後に自動で送信される受付完了メールとはご連絡内容が異なりますので、ご注意ください。)


① 請求書はWEB発行となります。開催3営業日前までに、請求書をダウンロードしていただくためのご案内が
   メールで送信されますので、期日までにお振込みください。

(振込期日は、請求書発行日より1ヶ月程度となります。)

② 開催3営業日前までに、弊社よりご参加方法やご利用方法についてメールでご案内いたします。

    ※Liveオンラインセミナーは Microsoft Teams を使用して実施いたします。
     Teams アプリをインストールされていない方は、ウェブブラウザ(Microsoft Edge または Google Chrome)
     よりご参加いただけます。また、事前のアカウント登録等の準備は必要ありません

③ テキストは開催の 2営業日前まで にご指定のご住所に配達を予定しております。

    ※重要※

    お勤め先とは異なるご住所(ご自宅等)へのテキスト発送を希望される場合は、お申込み時に
    「配送先変更」欄にテキスト送付先情報をご入力ください。


弊社より配信されるメールは以下の3通となります。
・ 受付完了メール (セミナーお申し込み時に自動送信されます。)
・ 請求書関連メール(受講証は発行されません。)
・ 受講方法ご案内メール

 


パソコン、タブレット等はセミナー中もご利用いただけますが、以下はご遠慮くださいますよう
お願いいたします。
※ セミナー中の録音、録画
※ セミナー中に関係のない他の業務を行うこと


≪キャンセル規定≫
セミナー10日前から50%、前日からは100%をご請求させていただきます。
セミナー参加日程のご変更 (別日程の同種セミナーへのご参加) をご希望の場合も、
 原則キャンセルと 同じ扱いになりますのでご注意ください。


 

お問合せ

Site Selector