Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

中国 RoHS II よくある質問

中国における市場機会の活用

中国ROHS IIとは

RoHS IIは、電気電子製品における有害物質の使用制限の管理方法です。規則は次のとおりです:

  • 廃棄時に電気製品および電子製品によって引き起こされる環境の汚染を制御および低減する
  • 電気・電子産業のクリーンな生産、資源の総合的な利用を促進する
  • グリーン消費を奨励する
  • 環境と人間の健康を守る
  • 規制はいつ施行されましたか?

    中国RoHS IIは2016年1月6日に発行され、2016年7月1日に正式に実施されました。製品が2016年7月1日以降にテストおよびパッケージ化されている場合、国内または海外で製造された製品は中国RoHS II規制を満たす必要があります。

  • この規制はどこに適用されますか?

    中国RoHS IIは中国本土でのみ必須であり、香港、マカオ、台湾では適用されません。

  • 製品はどのように定義され、製品カテゴリは何ですか?

    「電気および電子製品」とは、定格動作電圧が直流1500ボルト以下、交流1000ボルト以下で、電流または電磁界によって機能し、そのような電流を生成、送信、測定するデバイスおよびアクセサリ製品を指します。電磁場。発電、送電、配電設備は[この定義から]除外されています。 (中国RoHS II規制、セクションI、第3条を参照)

    カテゴリは次のとおりです:

      • 電気通信機器/通信機器
      • 放送およびテレビ機器
      • コンピュータおよびその他のオフィス機器
      • 家電・電子機器
      • 電子楽器
      • 産業用電気電子機器
      • 電気ツール
      • 医療用電子機器およびデバイス
      • 照明製品
      • 教育、スポーツ、エンターテインメント用の電気製品    など

    以下カテゴリーは除外します:

      • 発電所、送電および配電発電所、建物の供給および配電システムおよび使用される機器などのエネルギー生産、送電および配電設備を含む
      • 防衛および軍事用の電気および電子機器
      • 特殊環境または極限環境で使用される電気および電子機器
      • 輸出用電気電子機器
      • 電気輸送機器
      • 2016年7月1日より前に製造された中古設備
      • 輸入品の一時入国やメンテナンスサービス、非売品
      • 研究/開発、テスト目的のプロトタイプ
      • 展示会やほかの目的、売り物ではないもの   など

    2019年3月15日から、次の12の製品範囲(発表でより詳細に定義)は、電気および電子製品における有害物質の使用の制限の必須リストに含まれます:

      • 冷蔵庫(最大800リットル)
      • エアコン(定格冷却能力≤14,000ワット)
      • 洗濯機(乾物≤10 kg)
      • 給湯器
      • プリンタ(A3以下、60ページ/分以下)
      • コピー機(≤A3、≤60ページ/分)
      • ファックス
      • テレビセット
      • モニター
      • マイクロコンピューター(必要な周辺機器を備えたデスクトップ、ラップトップ、タブレット)
      • モバイル通信ハンドセット
      • 電話

    上記の12の製品は、GB / T 26572-2011による電気および電子製品の制限物質の制限要件(「中国のRoHS IIの要件は何ですか?」の表を参照)を満たし、SJ / T 11364に従ってラベル付けされている必要があります。 -2014(「中国版RoHS IIマークの使用方法」の表を参照してください。)これらの12製品をカタログに含まれていない製品の部品/コンポーネントとして使用する場合、必須の有害物質制限要件はありません。これらの製品は機器全体とともに中国のRoHS II要件を満たす必要があります。

  • 中国版RoHS IIの要件は何ですか?

    危険物質の制限国家標準または業界標準は、現在、次の標準(標準修正を含む)を参照しています:

    1. SJ / T 11364-2014(電気および電子製品における有害物質の制限に関するマーク要件)
    2. GB / T 26572-2011(電気および電子製品の制限物質の制限要件)
    • 各均質材料の有害物質と制限: 
    有害物質 制限
     鉛 0.1%
     水銀 0.1%
    六価クロム 0.1%
    PBB 0.1%
    PBDE 0.1%
    カドミウム 0.01%
    1. 有害物質の検出基準:
    • GB / T26125-2011、IDTIEC62321:2008(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニルおよびPBDEを含む6つの規制物質の電気および電子製品のテスト)
    • GB / T29783-2013(電気および電子機器における六価クロムの原子蛍光分析)
  • 中国版RoHS IIマークの使い方は?
    必須マーク
     
    • 制限物質を含まない
    • 環境にやさしい
    • リサイクル可能
    • 緑を推奨(C:85、M:30、Y:85、K:20)
    • 環境に優しい使用期間(EFUP)
    • 有害物質が含まれています
    • EFUP中は安全に使用してください(例:10年)
    • EPUP後にリサイクルシステムに入る必要があります
    • オレンジを推奨(C:0、M:75、Y:100、K:0)

    EFUPマーク(以前は環境保護使用期間(EPUP)と呼ばれていました)の数字「10」は、電子および電気製品の有害物質が通常の動作条件下で漏洩または変異して深刻な環境汚染を引き起こさない期間を指します。電子製品および電気製品の通常の使用中に、ユーザーに重大な人身傷害または資産を損傷させること。危険物質を含む電子および電気製品には、このマークが必要です。

    有害物質の名前と内容のマーキングスタイル(中国語である必要があります)
    China ROHS II FAQ - marking styles

    中国のRoHS IIは、標準のSJ / T11364-2014を満たしている必要があります。

  • 中国版RoHS IIとEU版RoHSの違いは何ですか?

    項目

    EU RoHS

    中国RoHS II

    製品の範囲

    2019年までに11のカテゴリー

    すべての製品が対象であり、2016年7月1日以降に製造された製品に適用されます

    製品マーク

    CEマーク

    中国RoHSマーク

    ドキュメンテーション

    DoCおよびTDFは英語にすることができます

    開示表は中国語である必要があります

    製品範囲の免除

    限定的             

    制限あり、EUとの一致は意図されていません

    施行日

    2006年7月1日

    2016年7月16日

    有害物質

    現在は6、2019年7月22日に10に増加

    現在は6

    パッケージング             


  • 中国RoHS IIを取得するための手順は何ですか?
    • 原材料、コンポーネント、サブアセンブリのマテリアルコンテンツ収集
    • 完成品の中国語の一般開示表
    • 製品へラベル貼付

もっと知る

各国認証
イーブックス

各国認証(GMA)

32の国と地域における電気および電子製品向けのコンプライアンス要件概要

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa