Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国における市場機会の活用

USA製品安全要求事項および規制は、リスクを軽減し、生活の質を向上させ、使用に足ることを保証するために設けられています。アメリカ合衆国市場に参入するほぼすべての製品は、製品の対象範囲に応じた当局による関連要求事項を満たす必要があります。

電気製品の場合、認定を受けた国家認証試験機関(NRTL)による電気安全試験を実施する必要があります。医療関連製品の場合、アメリカ食品医薬品局(FDA)の要求事項に準拠する必要があります。電気通信製品およびワイヤレス製品の場合には連邦通信委員会(FCC)の規制が適用され、環境製品の場合にはアメリカ合衆国エネルギー省(DOE)の要求事項が適用されます。

規制およびコンプライアンスにおける要求事項は、新市場をお探しの企業にとって課題となる場合があります。市場をリードするテュフズードとともに、貴社製品がアメリカの基準に確実に適合していることを確認しましょう。

テュフズードはアメリカにおいて適用される地域的要求事項および手続きを熟知しています。主要市場への効率的なアクセスを支援する弊社の専門知識およびノウハウを活用するとともに、弊社の客観性、誠実性および専門性をご実感ください。

 

各カテゴリにおける市場アクセス情報を取得するには、以下の関連カテゴリをクリック

  • プラグ形式

    Aタイプ

    Plug A 

    Bタイプ

    Plug B

  • 電気安全

    規制機関

    • 労働安全衛生局(OSHA)

    規制

    • 安全基準では、OSHA認定のNationally Recognized Test Laboratory(NRTL)による製品試験と認証が必要です。
    • 該当する場合、工場検査が必要です。
    • CSA、UL、場合によりIEC規格のコンプライアンス

    ガイドライン

    • 認証された製品は、NRTLのマークが付いた製造元によってマークされ、NRTLが発行する「リスティングブック」にリストされます。

    対象となる製品カテゴリ

    • 製品カテゴリのリストはこちら。個々の製品が上記の規制の対象であるかどうかを確定したい場合は、当社までお問い合わせください。

    テュフズードのサービスの概要

    • テュフズードは、認定されたNRTLとして、次のような幅広い製品の電気安全認証を提供しています:
      • 電気駆動
      • 産業用制御システム
      • IT機器
      • 研究所の備品
      • レーザー
      • 電源   など
  • EMC

    規制機関

    連邦通信委員会(FCC)

    規制

    • CFRのタイトル47、パート15およびパート18に記載されている特定の製品については、製造業者の宣言が必要です。
    • 家電製品は免除されます。

    ガイドライン

    ドキュメント手順
    • 認定試験所での製品のコンプライアンスの試験
    • テクニカルファイルを準備
    • 製品にマークを付け、必要なFCC通知をユーザーマニュアルに記載
    認定手続き
    • Telecoms CBでの製品試験
    • テストレポートを、他の重要なドキュメントおよびFCC ID番号案とともにFCCに提出
    • FCC IDとコンプライアンスステートメントで製品をマークし、必要なFCC通知をユーザーマニュアルに記載

    対象となる製品カテゴリ

    • 一般的な意図しないラジエーターには、パーソナルコンピューター、周辺機器、受信機、ラジオ、テレビ、ケーブルテレビのホームターミナルなどがあります。意図的なラジエーターには、ケーブル配置機器、コードレス電話、リモートコントロールおよびアラームトランスミッター、ドアを開くためのフィールド障害センサー、広帯域データ伝送用のスペクトラム拡散システムが含まれます。
    • 個々の製品が上記の規制の対象であるかどうかを確定したい場合は、当社までお問い合わせください。

    テュフズードのサービスの概要

    テレコムCBであるテュフズードは、FCCにより以下のカテゴリ内の幅広い機器に対して助成金を発行しています:

    • 認可された無線サービス機器
    • 無線機器(意図的および非意図的ラジエーター)
    • 無認可の無線機器
    • 有線端末機器
  • 環境

    規制機関

    エネルギー省(DOE)

    エネルギー効率

    • 多くの製品には最小エネルギー性能基準(MEPS)が必要です。家電製品は免除されます。
    • 特定の製品には必須のエネルギーガイドのラベルが必要です。
    RoHS
    • 2003年電子廃棄物リサイクル法に基づくカリフォルニアのRoHSが適用されます。

    ガイドライン

    • 製造業者はエネルギー使用データをDOEおよびFTCに提出して、規制に準拠していることを示す必要があります。また、新しいモデルが導入されたとき、または既存のモデルが廃止されたときは、DOEおよびFTCに報告する必要があります。
    • EnergyGuideラベルに関する情報は、DOEのテスト手順に基づいている必要があります。

    対象となる製品カテゴリ

    必須のラベル付けが必要な製品カテゴリは次のとおりです:

    • バラスト
    • 冷凍庫
    • 給湯器
    • ヒーター
    • 蛍光灯
    • ルームエアコン
    • 洗濯機
    • 冷蔵庫
    • セントラルエアコン
    • ヒートポンプ
    • ボイラー
    • かまど
    • 食器洗い機

    製品カテゴリのリストはこちら。個々の製品が上記の規制の対象であるかどうかを確定したい場合は、当社までお問い合わせください。

  • 電気通信

    規制機関

    • ターミナルアタッチメント管理委員会(ACTA)

    規制

    • 適合宣言(DoC)およびCFR Part 68への適合が必要です。

    ガイドライン

    適合宣言の手順:

    • 認定試験所での製品のコンプライアンス試験
    • テクニカルファイルを準備
    • 製品にマークを付け、ユーザーマニュアルにFCCの要件を記載
    • 適合宣言を準備し署名
    認定手続き :
    • テレコムCBで試験済みの製品を入手してください。
    • テストレポートを、他の重要なドキュメントおよびFCC ID番号案とともにFCCに提出します。
    • FCC IDとコンプライアンスステートメントで製品をマークし、必要なFCC通知をユーザーマニュアルに記載します。
  • 無線通信

    規制機関

    • 連邦通信委員会(FCC)

    規制

    • CFRパート15への準拠は、認定試験所による試験を含めて必要です。
    • DoCまたは通信CBからの認証が必要です。
    • 一般的な手順:
    • 意図しないラジエーターには適合宣言または認定が必要です。
    • 意図的なラジエーターには認証が必要です。

    ガイドライン

    適合宣言の手順

    • 認定試験所での製品のコンプライアンス試験
    • テクニカルファイルを準備
    • 製品にマークを付け、ユーザーマニュアルにFCCの要件を記載
    • 適合宣言を準備し署名

    認定手続き 

    • テレコムCBで試験済みの製品を入手してください。
    • テストレポートを、他の重要なドキュメントおよびFCC ID番号案とともにFCCに提出します。
    • FCC IDとコンプライアンスステートメントで製品をマークし、必要なFCC通知をユーザーマニュアルに記載します。

もっと知る

Global Market Access
イーブックス

各国認証

世界30か国以上の規制当局、適合要件、申請ガイドラインおよび製品カテゴリーについての情報を提供致します。

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa