Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

オーストラリア

オーストラリアにおける市場機会の活用

Australia規制およびコンプライアンスにおける要求事項は、海外に進出しようとする製造業者にとって課題となる場合があります。こうした要求事項および規制は、受傷のリスクを軽減し、生活の質を向上させ、使用に適していることを保証するために設けられています。オーストラリア市場に参入するほぼすべての製品は、製品の対象範囲に応じた当局による関連要求事項を満たす必要があります。

市場をリードするテュフズードとともに、貴社製品がオーストラリアの基準に確実に適合していることを確認しましょう。

 

各カテゴリにおける市場アクセス情報を取得するには、以下の関連カテゴリをクリック

  • プラグ形式

     Iタイプ

    Plug I 
  • 電気安全

    規制機関

    • 電気規制当局評議会(ERAC)

    規制

    • 機器の3つのレベル(レベル3 =高リスク、レベル2 =中リスク、レベル1 =低リスク)へのリスクベースの分類。レベルごとに要件が異なります。*
    • レベル2および3の製品は、安全基準に準拠し、次のいずれかの方法で承認を受ける必要があります:
    • 州/準州当局からの承認証明書(CoA)および適切なマーキング
    • 認定された認証局による規制遵守マーク(RCM)
    • レベル1製品については、適合証明書(CoS)を取得することができます。製造業者は、製品の安全性とオーストラリアの基準の順守に対する完全な責任を負います。
    • AS / NZSおよび/またはIEC標準への準拠

    *ニューサウスウェールズ州(NSW)は電気設備安全システムに参加していません。 NSWは、宣言された/宣言されていない分類および要件の既存のシステムを保持します。

    ガイドライン

    • オーストラリアの事業番号(ABN)を保持している法的に識別可能なオーストラリアまたはニュージーランドのエンティティ、またはニュージーランドの内国歳入局(IRD)の番号である責任あるサプライヤーは、レベル2およびレベル3の電気機器を国立データベースで登録することを要求されます**
    • テストレポートは、全米試験機関協会(NATA)が認定した試験所、または規制当局が承認した別の試験所からのものでなければなりません。
    • CoAは製品の安全性のみをカバーし、RCMは安全性とEMC要件(該当する場合)の両方をカバーします。

    **オーストラリアで適用されるCoAまたはRCMは、ニュージーランドでも同様のコンプライアンスを示し、その逆も同様です。

    対象となる製品カテゴリ

    • 宣言された物品として分類される62のクラスの電気アイテムがあります。例としては、食器洗い機、ヘアドライヤー、室内ヒーター、ミシンなどがあります。
    • 製品カテゴリのリストはこちらです。
    • 個々の製品が上記の規制の対象であるかどうかを確定したい場合は、当社までお問い合わせください。
  • エネルギー効率

    規制機関

    • オーストラリアの温室事務所と州機関*

    *オーストラリアでは、エネルギー表示とMEPSは国の法律ではなく州の法律によって管理されています。オーストラリアには、NSW、クイーンズランド、南オーストラリア、ビクトリアの4つの規制機関があります。

    規制

    • 多くの製品には、最小エネルギー性能基準(MEPS)が必要です。
    • 特定の製品には、必須の星評価ラベルスキームが必要です。

    ガイドライン 

    • オンライン登録申請は、該当するオーストラリア規格で規定されている形式で行う必要があります。

    対象となる製品カテゴリ

    • 製品カテゴリの完全なリストはこちら。 個々の製品が上記の規制の対象であるかどうかを確定したい場合は、当社までお問い合わせください。
  • 電気通信

    規制機関

    • オーストラリア通信およびメディア機関(ACMA)

    テレコの規制

    • 製品は3つのレベルに分類されます。非準拠が人の安全または電気通信ネットワークまたは設備の完全性に与える影響の程度に応じて、レベル1には影響が限定され、レベル3には悪影響のリスクがあります。
    • メーカーはDoCに署名し、製品の説明を保持する必要があります。
    • 規制対象の製品には、RCMマークを貼付する必要があります。

    ガイドライン

    • RCMマークの使用を申請するには、現地の代表者が必要です。
    • レベル2および3の製品の製造業者は、テストレポートまたは技術構成ファイルも保持する必要があります。
    • レベル3製品のテストレポートは、認定試験所のものでる必要があります。

    対象となる製品カテゴリ

    • 電気通信規格に基づく製品カテゴリのリストはこちらです。 個々の製品が上記の規制の対象であるかどうかを確定したい場合は、当社までお問い合わせください。
  • 無線通信およびEMC

    規制機関

    • オーストラリア通信およびメディア機関(ACMA)

    規制

    • 製品は、無線周波数スペクトルを使用するデバイスへの妨害放射の影響の度合いに応じて、3つのレベルに分類されます。レベル1は影響が少なく、レベル3は重大な影響のリスクが最も高くなります。
    • メーカーはDoCに署名し、製品の説明を保持する必要があります。
    • 規制対象の製品には、RCMマークを貼付する必要があります。
    • RCMマークは、EMCコンプライアンスを示すためにも使用することが可能です。

    ガイドライン

    • RCMマークの使用を申請するには、現地の代表者が必要です。
    • レベル2および3の製品の製造業者は、テストレポートまたは技術構成ファイルも保持する必要があります。
    • レベル3製品のテストレポートは、認定試験所のものでありまする必要があります。


テュフズードが選ばれる理由

テュフズードはオーストラリアの基準および要求事項に従って、各製造業者が必要な承認およびコンプライアンスを取得する過程を実施する、専門員および研究施設によるネットワークを備えています。テュフズードの試験報告書は安全性を証明するものとして一般に受け入れられているとともに、各関係当局により国際的に認められています。テュフズードはまた、製造業者の任意裏書証取得もサポートします。

もっと知る

Global Market Access
イーブックス

各国認証

世界30か国以上の規制当局、適合要件、申請ガイドラインおよび製品カテゴリーについての情報を提供致します。

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa