Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

韓国

韓国における市場機会の活用

韓国

韓国における市場機会の活用

Korea製品安全要求事項および規制は、リスクを軽減し、使用中の安全を確保するとともに生活の質を向上するために設けられています。韓国市場に進出しようとするほとんどの製品は、製品の対象範囲に応じて、規制当局の関連要求事項を満たす必要があります。

規制およびコンプライアンスにおける要求事項は、韓国に製品を輸出しようとする企業にとって、多くの難関になることがあります。市場をリードするテュフズードとともに、貴社製品が韓国の基準に確実に適合していることを確認しましょう。

各カテゴリにおける市場アクセス情報を取得するには、以下の関連カテゴリをクリック

  • プラグ形式

    Cタイプ

    Plug C 

    Fタイプ

    Plug F

  • 電気安全

    規制機関

    • 韓国技術標準庁(KATS)

    規制

    • 規制上強制認証の対象となるすべての製品は、KCマークを貼付する必要があります。
    • 製品は3つのグループに分類されます:
      • 第1グループの製品は、韓国内の指定試験所での試験による安全認証を必要とします。
      • 第2グループの製品は、韓国内の指定試験所での試験による安全確認を必要とします。
      • KN規格への準拠。
      • 上記規制に該当する場合はEMC適合性への準拠が必要です。

    ガイドライン 

    • 他の必須書類とともに申請書の提出
    • 製品試験または工場検査
    • 指定された認証機関による証明書の発行

    対象となる製品カテゴリ

    AC 50Vから1000Vまでを使用する電気機器のみがKCマーク認証の対象です。 KCマークが必要な製品カテゴリ(タイプ1と2の両方で構成される場合があります)には、次のものが含まれます:

    • オーディオ、ビデオ、および類似の電子機器
    • ケーブルとコード
    • 電源ユニットのコンポーネントとしてのコンデンサーまたはフィルター
    • 家庭用および類似の電気製品
    • 電気設備用の付属品及び連結部品
    • 電気用品保護用部品
    • 情報事務機器
    • 照明機器
    • 電動工具
    • 緑変圧器
    • 電気機器用スイッチ

    個々の製品が上記の規制の対象であるかどうかを確定したい場合は、当社までお問い合わせください。

    テュフズードのサービスの概要

    • テュフズードは、韓国試験所(KTL)のMOUパートナーです。したがって、テュフズードが発行した試験レポートは、KCマーク発行のためにKTLに認定されています。
  • 環境 - エネルギー効率

    規制機関

    韓国エネルギー管理公団(KEMCO)

    規制

    • 多くの製品には、最低エネルギー効率基準(MEPS)が必要です。
    • エネルギー効率基準とラベリングプログラム、待機電力低減プログラム(e-Standby Program)への準拠。

    ガイドライン

    • 効率エネルギー対象となる製品の試験は、韓国の指定試験所で実行する必要があります。
    • KEMCOに報告する必要があります。

    対象となる製品カテゴリ

    • エネルギー効率基準およびラベリングプログラムの対象製品は35品目、e-Standbyプログラムの対象製品は22品目です。
      ターゲット製品のリストはこちらおよびこちらです。
    • 個々の製品が上記の規制の対象であるかどうかを確定したい場合は、当社までお問い合わせください。

    テュフズードのサービスの概要

    テュフズードは、製造業者が韓国の要求事項への準拠を達成し、必要な承認を得るための支援を提供する経験および能力を備えています。

  • 環境 - WEEEおよびROHS

    規制機関

    環境省(MOE, Ministry of Environment)

    規制

    • 電気電子機器および自動車のリサイクルに関する法律に基づくコンプライアンスが求められます。
    • 通知を要求されます。

    ガイドライン

    • 規制されたリサイクル率があり、禁止されている有害物質がリストされています。
    • 欧州のWEEE、RoHS、ELVに類似します。

    テュフズードのサービスの概要

    テュフズードは、製造業者が韓国の要求事項への準拠を達成し、必要な承認を得るための支援を提供する経験および能力を備えています。

  • 電気通信および無線通信

    規制機関

    • National Radio Research Agency (RRA)

    規制

    • 対象となる製品は認定され、KCマークが貼付されている必要があります。
    • 端末機器には型式承認が必要です。無線設備については、製品により適合認証または適合登録が必要です。適合認証試験は、電波研究所(RRA)のみが実施する必要があります。
    • IT機器にはEMC登録が必要です。

    ガイドライン

    • 現地申請者は必須ではありません。
    KCマーク手順
    • 試験所での試験を実施
    • 認定を申請
    • 必要な文書を提出
    • 認証を取得
    • 製品にKCマークを付ける

    対象となる製品カテゴリ

    • 個々の製品が上記の規制の対象であるかどうかを確定したい場合は、当社までお問い合わせください。

もっと知る

各国認証
イーブックス

各国認証(GMA)

32の国と地域における電気および電子製品向けのコンプライアンス要件概要

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa