Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

社員紹介

Future in your hands



#Leave A Mark 

“Not a Consultant, but Supporting Clients as an Advisory”


吉田さん 

マネジメントサービス部 マネージャー兼主任審査員


自動車製品を製造する現場から一転して審査員へのキャリアチェンジは私の人生の分岐点でした。
前職は自動車メーカーで勤務しておりました。自動車・自動車部品で品質保証に携わっていたため、その経験を活かすため転職しました。入社後は、自動車部門の審査員として働いてましたが、得たいものはすべて吸収できたので、社内公募制度を活用してマネジメントサービス部に異動しました。異動後は、業務内容は異なるといえど、業界の雰囲気やお客様とのやり取りなどでは通じるものも多く、キャッチアップが早めにできたことは良かったですね。


「吉田さんにお願いしたい」とお客様から言っていただけるような審査を常に努めております。
顧客先のマニュアルを瞬時に読み解かなければならならず、素早い読解力が必要になります。また、審査で不適合が発見された際にお客様が不快な気持ちにならぬよう具体的な問題点の指摘や、丁寧な説明に苦労するところでもあり、私のコミュニケーション力の腕の見せ所です。私たち審査員はコンサルタントではないため、お客様への直接の指導は禁止されているのですが、認証を受けるか迷われている際にアドバイスを求められたり、「吉田さんに審査に来ていただきたい」と指名いただけた時は嬉しく、今後も印象を残せるような実績を残していきたいと思います。


豊富な知識と経験を身に着けることで“食”のエキスパートが目指せます。
第3者の立場から食品メーカーの製品を評価・審査する審査員は社会貢献性度の高い重要なポジションです。少子高齢化・人口減少を背景に国内の市場規模の縮小に対応すべく、近年の日本食ブームにもとづき海外展開に活路を見出す食品メーカーも増えてきています。さらに東京オリンピックの需要に合わせて国内でも食品安全への要求が日々高くなっており 、弊社による食品安全認証取得が国内外関わらず、顧客の経営に役立ちます。食品マネジメントシステム審査員になるにあたっては、食品業界出身の方だと現場で取り扱う自社商品以外にも、審査員になれば様々な食品会社の認証を行います。豊富な知識や経験を身につけることで、食のエキスパートが目指せます。また資格もののため、定年後も働き続けられ、長期的に活躍できるのも魅力ですね。


自主性を持ちながら、グローバルに活躍しようという志高い審査員がテュフズードでは活躍できます。
自主的に仕事に取り組み、判断をしていく姿勢が評価されます。お客様だけではなく世界中のテュフズード拠点と積極的にコミュニケーションを取り仕事を進めることで、プロジェクトの管理にやりがいを感じることができます。自ら考え行動できる人材がテュフズードでは必要とされ、アクティブに仕事を遂行できる方が活躍できる場です。私と同じように前職で培った知識・経験を活かし、審査員の世界へ飛び込んでくれる勇士をお待ちしております。




マネジメントサービス部

<組織構成>

マネージメントサービス部は2つのチームから構成されており、品質マネジメントシステムISO9001/ISO14001を初めとするIATF16919やIRIS等を取扱うMSチームと食品安全マネジメント規格ISO22000/SQS/FSSC等を取扱うFoodチームに分かれて、東京本社と関西本部併せて審査員・営業・コーディネータ―の16 名で構成されております。その他に15名程の外部審査員が在籍しております。子育てと両立しながら審査を行うママさん審査員も活躍しております。部内では1人、1人がプロフェッショナルとして独立して業務に従事しておりますが、何か問題が発生した場合や困った時はチームでフォローしあえる関係です。

<マネジメントサービス/食品マネジメントシステム審査員になる流れ>
マネジメントサービス・食品マネジメント審査員になるにあたり、座学/OJT研修/顧客先へ同行しながらドイツ本社で審査員の受験資格が与えられるまで約半年間かけて準備します。審査員登録後にはれて審査できる資格が与えられ、顧客先へ審査に行けるようになります。案件をこなしていく中で主任審査員として独り立ちを目指します。その後は審査員としてエキスパートを目指す、もしくは管理職として他部門メンバーを束ねる管理職の道も広がっております。

<具体的な業務内容>
年間通して、1人あたり約10社の担当顧客を受け持ち、審査を行います。1件の審査にあたっては約2か月前から顧客情報収集等の審査準備を始めます。実際に顧客先にて審査を実施し、報告書の作成・ドイツ本社へ提出となります。担当顧客によりますが、週1、2回の頻度で出張になります。無事に審査が通れば、認証書発行となります。

<業務の流れ>(マネジメントシステム審査のケース)

Leave A Mark

お知らせ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa