TRAINING & PERSONNEL CERTIFICATIONS

テュフズードインフォサービス

テュフズードインフォサービス

オンデマンド WEBセミナー

(GLOBAL PROGRAM)

 

ISO 19011:2018 講座 -マネジメントシステム監査のための指針- (英語版) 
- MODULE 2 -【Q07】

 
<概要>

海外子会社/海外現地法人の業務の適正を確保し、最終的に経営目標を達成するためのグローバルガバナンスの仕組みの一つとして、内部監査や第二者監査(サプライヤー監査)などの実施があります。そして、海外子会社/海外現地法人の現地社員を監査員として活躍させるために、彼らに監査員育成研修を提供している日本企業が増えています。

この eラーニングコース(WEBセミナー)は、マネジメントシステム監査におけるガイドライン的な存在として広く知られている国際規格 ISO 19011:2018 を、海外子会社/海外現地法人の現地社員の方が直接学んでいただける研修コースです。試験に合格した現地社員の方には eラーニングコース修了書がオンラインで授与され、日本企業本社の管理者の方には受講状態の閲覧機能が提供されます。

ドイツ認証機関であるテュフズード本部が開発した本 eラーニングコース(WEBセミナー)では、国際規格 ISO 19011 の 2011年版から 2018年版の変更点の概要を中心に、規格要求事項の要点や監査の進め方におけるポイントを講義やクイズを通じて学習いただけます。


<コースの目的>


● ISO 19011 規格の 2011年版から 2018年版の重要な変更点、用語を理解する
● 監査の7原則(リスクに基づくアプローチなど)を通じて、監査プログラムにおける
   プロセスの流れを理解する
● ISO 19011 規格の付属書A の変更点、新しいコンセプトを理解する
● 監査における特定のプロセスを参照して、付属書A で示されているガイダンスを理解する

 
本講座は、英語でのご提供となります。

トレーニングの受講を完了し、確認テスト(英語)に合格した方には、eラーニングコース修了書(英語)がオンラインで授与されます。
 
※ISO 19011 規格に基づいた監査手法を学習できる講座を別コース( ISO 19011:2018 講座 Module 1【Q06】)としてご提供中です。両コースを合わせてご受講いただくことで、規格そのものや監査手法に対する理解がより深まります。

 

<講座概要>

 ● Section 1: 本コースの目的、変更点の概要、付属書Aの更新箇所について
 ● クイズ1
 ● Section 2: 付属書A のガイダンスに基づく監査プロセス(組織・トップマネジメント・
     サプライチェーンなどへの監査における進め方のポイント)、リスクに基づく
     アプローチ、リモート(遠隔)監査ほか
 ● クイズ2
 ● まとめ
 ● 理解度テスト


<講座時間>

講義:約60分間
理解度テスト:全8問(7問以上の正解で合格となります)

 

<受講期間>

 1ヶ月間
( 受講期間中は、何度でも繰り返し受講いただけます。)


<費用>

7,000円(税込み)
※上記は1名あたりの価格となります。

 

➡ 本コースの 紹介ビデオ(英語)をご覧いただけます。(Module 1 および Module 2 のご紹介となります。)

 

 

お問合せ

Site Selector