5G機器ノイズ対策 EMI測定サービス

    

    

2020年4月、大手通信キャリアの5Gサービスが出そろい、日本でもようやく5G NR の世界を体感できる環境が整ってきました。これに伴い、5G搭載のマートフォンは勿論の事、モバイルルーターやノートPC、タブレットなどにもぞくぞくと5Gが搭載され、市場に出荷され始めています。

テュフズードジャパンでは、これまでも本無線設備に関する国内電波法の登録証明機関として、電波法の試験・認証サービスを提供してきましたが、最近5G通信中のEMI測定を行いたいという要望を多数いただいております。

 

EMI測定とは

エミッションと呼ばれる電磁障害(電気機器から放出される不要な電気的ノイズ)を測定します。電気機器は、周囲に様々な機器があることがありますが、不要な電気ノイズが放出されることで、他の機器の動作に影響を及ぼし、従来の性能に影響を与えてしまう可能性があります。EMI測定では、定められたエミッションの限度値に達していないかを測定します。テュフズードの米沢試験場では、5G機器のノイズ対策として、5G通信を確立しながらのEMI測定の実施が可能です。

【無料ダウンロード】米沢試験所の詳細はこちら

 

5G通信確立中のEMI試験項目例

  • EN55032
  • FCC-15B 
  • VCCI 
  • その他 ARIB-STD関連の測定

5G機器EMI測定

国内に多数あるEMC 試験サイトにおいて、まだ5G 基地局シミュレータを所有していない、または所有していてもこれらの設備は無線関係の試験・認証のための専用設備であるため、EMI 測定時に5G 基地局シミュレータを使用できないという制約が多い中、テュフズードジャパン米沢試験所では、EMC 試験、無線関連試験、製品安全試験を一つの建物内で実施しており、国内電波法の試験・認証はもちろんの事、5G 通信を確立しながらのEMI測定、製品安全試験が可能です。

詳細につきましては、こちらよりお問合せください。
*お問合せは弊社サービスの「無線試験/認証」をご選択ください。

次のステップ

Site Selector