Choose another country to see content specific to your location

//Select a site

新しい製品安全規格IEC62368-1とは?

概要と認証取得のポイントを徹底解説

新しい製品安全規格IEC62368-1とは?~概要と認証取得のポイントを徹底解説

新しい製品安全規格IEC62368-1とは、ハザードベース規格のことで、人体への傷害を防ぐ概念をベースに作られた規格です。今回は、IEC62368-1の概要と認証取得のポイントを解説します。

IEC62368-1


IEC62368-1とは?


IEC62368-1とは、人体への傷害を防ぐ「ハザード・ベース・セーフティ・エンジニアリング(HBSE)」という概念をもとに開発されている、新しい製品安全規格のことです。現在の安全規格である「IEC 60950-1」と「IEC 60065」の2つに置き換わるものとされており、今後、新規格への対応が必要になる見通しです。

●IEC 60950-1…情報通信機器向けの安全規格。
●IEC 60065…AV機器向けの安全規格。

IEC62368-1の第1版は2010年1月に発行され、第2版は2014年2月に発行されました。これを受け、各国は次の動きをみせています。

・欧州…IEC62368-1の第2版の採用が可決され、第2版に整合する「EN 62368-1」が2014年8月に発行。
・北米…IEC62368-1の第1版に整合する「UL 62368-1, CAN/CSA-C22.2 No. 62368-1-14」という規格がある。そして第2版に整合する規格も2014年12月に発行。
・日本…IEC62368-1の第2版に整合する規格「JIS C 62368-1」が2018年に発行。 

また、EN 62368-1:2014の発行に伴い、旧規格のEN 60065やEN 60950-1は、2019年6月20日に失効期限を迎えることになりました。そしてその後に18ヶ月間延長され、2020年12月20日までとなりました。そのため、情報通信機器及びAV機器の安全性への取り組みを行っている場合、新規格への対応のための準備をする必要があります。

 

EN 62368-1移行までのスケジュールと検討すべきポイント

先にも述べた通り、2020年12月に、既存規格であるEN 60065やEN 60950-1が強制的に失効されることになりました。新規格を検討する時期は迫っています。

現在は、まだ旧規格を使用していても問題ありませんが、欧州では、今後新規製品を発売するためには、欧州のEN規格の失効期限である2020年12月20日以降は、従来のEN 60065、EN 60950-1から、EN 62368-1に適合するように対応していなければなりません。

 

EN62368-1

 

製品と部品間の連携について

移行に際しては、製品と部品それぞれの認証についてはどうなるのかという疑問が生まれてきます。つまり、下記のようなケースです。

・完成した製品は、新規格IEC62368-1に対応したいが、メーカーの部品がまだ旧規格 IEC60065を使用している。どうすればいいか。
・複数のパーツを組み合わせて作られる製品の場合、すべてのパーツを新規格IEC62368-1に適合させる必要はあるか。

この製品と部品間の連携問題については、IEC 62368-1において、規定があります。

それは、旧規格からの移行措置として、IEC 60065またはIEC 60950-1に適合する部品や半組立品は、追加評価をすることなく本規格がカバーする製品の一部として受け入れるということです。つまり、新規格に適応した製品には、IEC 60065またはIEC 60950-1に適合した部品がまだ使えるということになります。

 

まとめ

このように、安全規格のIEC 62368-1は、新規格として移行する場合、準備と共に対応が求められます。それには、新規格及び旧規格双方の知識が必要になり、スケジュールはもちろん、その製品と部品間の連携についても理解を要します。こうした中、確実に新規格IEC 62368-1に対応させていく必要があります。

また、旧規格であるIEC 60065とIEC 60950-1の統合がIEC 62368-1ではないという点も、知識が必要になります。

認証取得のポイントは、こうした知識を兼ね備えていることがまず大前提に据えられます。

テュフズードは、世界各国の規格や規制について熟知したエンジニア・専門家を擁しており、登録検査機関として国内市場に向けた適合確認を担うだけでなく、世界各国の規格や規制に対する準備を同時に効率的に進めることが可能です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

IEC 62368-1 認証サービス詳細はこちら

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

次のステップ

Site Selector