一般的な危険

機械安全のための実用ガイド

機械安全のための実用ガイド

機械安全のための実用ガイド(TOP)> 2. リスク評価 > 2-3. 一般的な危険

 

一般的な危険

これらの一般的な欠陥や危険性は、当社の経験から得た例であり、テュフズードのバーチャルリアリティトレーニングモデルを使用して説明されています。

 

アイソレータ

よく見られる不具合は、アイソレータが取り付けられていない、アイソレータのタイプが間違っているか、正しく取り付けられていない、主電源がアイソレータで終端されていないなどです。画像BはAの修正版です。響を受けやすいことを示しています。これらは定量化可能な側面と考えられています。

  

 

複数のアース/終端

もう一つの一般的な電気的障害は、一点に複数の終端、特にアースがある場合です。

  

 

保護

機械の安全性を考える上で、目に見える問題の一つにガードがあります。以下の例は極端な例ですが、問題は、機械にガードがあるかどうか、適切かどうかです。

  

 

油圧・空圧

機械に油圧や空圧がある場合、安全性の問題として、配管の状態、配管に正しいラベルが貼られているかどうか、ロック可能なアイソレータがあるかどうかなどが挙げられます。

  


セクション3(CEマーキング)に進む

機械安全のための実用ガイド(TOP)に戻る

もっと知る

Global Market Access
イーブックス

各国認証(GMA)

【2022年10月更新】刻々と変化する規制の枠組みについて最新の情報を提供し、グローバル市場における課題や国ごとに異なる規制について解説。

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Site Selector