セクション2.リスク評価

機械安全のための実用ガイド

機械安全のための実用ガイド

機械安全のための実用ガイド(TOP)> 2.  リスク評価

 

リスク評価を実施する際の手引きは、多くの場所で見つけられます。EN ISO12100は機械のリスク評価の主な規格であり、プロセスの原則を定めていす。

リスク評価は、あらゆる健康安全処理、特に機械類の安全の基本です。そのため、機械類の安全問題を扱う関係者は、リスク評価の能力を持ち、作業環境全体で発生する可能性のある危険の種類を十分に認識しておく必要があります。

リスク評価は主観的であるため、このセクションの情報は、リスク評価の助けとアドバイスを提供します。ここで強調したいのは、これらはあくまでも目安であり、関連するすべての規則を遵守するための責任は評価を実施する者にあるということです。

 

セクションの内容に進む:

2-1. 危険性の識別・リスク評価の目的

2-2. 安全関連制御システム・ EN ISO13849-1vs EN IEC62061

2-3. 一般的な危険

もっと知る

Global Market Access
イーブックス

各国認証(GMA)

【2022年10月更新】刻々と変化する規制の枠組みについて最新の情報を提供し、グローバル市場における課題や国ごとに異なる規制について解説。

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Site Selector