機械安全のための実用ガイド

機械安全のエキスパート テュフズードが提供する、法規制、リスク評価、機械安全ソリューションを網羅した実用ガイド

機械安全のエキスパート テュフズードが提供する、法規制、リスク評価、機械安全ソリューションを網羅した実用ガイド

はじめに

機械安全は、今日ヨーロッパのすべての製造業者が直面している最重要課題の一つです。これは生産性と同様に重要であり、関係者全員の幸福のために不可欠なものです。

本ページでは、定期的に遭遇する共通の危険や問題点を中心に、機械安全分野における実用ガイドをご紹介します。当社は、さまざまな産業に試験、認証、トレーニング、ナレッジサービスを提供する国際的なリーディングカンパニーです。機械安全部門では、機械の安全性とコンプライアンスを確保するために、機械の審査・検査、CEマーキングサービス、リスク評価、トレーニングソリューションを提供しています。

お客様の法的責任と要件、および新しい技術が機械類の安全ライフサイクルに及ぼす役割について、実践的な機械的・電気的ソリューションとともに紹介します。

 

目次

  • セクション1.法的枠組み
    欧州委員会が導入したニューアプローチ指令(CEマーキング指令)は規範的なものではなく、適合のための最低限の基準を定めたものです。この新規制の最も重要な側面は、適合性評価手順(適合性を確保するための手段)と言えるでしょう。この指令は、柔軟なアプローチを提供しています。

     

    セクション1に進む

  • セクション2.リスク評価

    リスク評価は、あらゆる健康安全処理、特に機械類の安全の基本です。そのため、機械類の安全問題を扱う関係者は、リスク評価の能力を持ち、作業環境全体で発生する可能性のある危険の種類を十分に認識しておく必要があります。

    セクション2に進む

  • セクション3.機会指令のCEマーキングへの4ステップ

    機械指令は、機械とは何かを定義しており、最も広範な指令の一つです。製造業者には、機械を設計、製造、または輸入しているかどうかにかかわらず、法的義務と責任が何であるかを知っておく必要があります。

    セクション3に進む

     

次のステップ

Site Selector