機械に関する安全性

主要セグメント全体にわたるビジネス上のメリットを提供

主要セグメント全体にわたるビジネス上のメリットを提供

機械に対する安全性要求事項

機械の安全性は、世界中のサプライヤーおよび製造業者にとっての懸念事項であるため、人、資産および財産を損害から保護するために役立つさまざまな規制が存在します。多くの製造現場は異なる機械を組み合わせたラインにより構成されており、工程をいっそう複雑なものとしています。

 

欧州連合機械指令とは何か

あらゆる産業機械に対して安全に使用できることを保証するよう、欧州連合機械指令(2006/42/EC)には健康と安全に関する基本的要求事項(EHSR)がいくつか規定されています。この要求事項はさまざまな機器および機械を対象としています。

附属書IVの機器および要求事項のリストを参照するには、欧州連合機械指令文書全体(英語)をダウンロードしてください。

Download here

 

EN ISO 12100 – 危険およびリスクの分析

機械指令の対象に該当するすべての製品について、危険分析/リスク評価を実施する必要があります。

リスク評価では、一連の論理的な手順に従い、機器に関連する潜在的な危険の特定および調査を行います。これにより、リスクを低減するために必要に応じて機器の安全性に関する決定を下す根拠となる、リスク評価に関する情報が得られます。

ヨーロッパ規格標準のEN ISO 12100では、危険分析/リスク評価手順の概要を以下のように説明しています:

  • 機械の限界の特定
  • 危機の確認
  • リスク推定およびリスク評価

EN ISO 12100では、併せて機器の安全性およびリスク評価の検証において要求される文書の形式に関するガイダンスも提供しています。

機械指令は、CEマークを取得するために遵守する必要があるいくつかの欧州連合規制のうちの1つです。CEマークの取得は欧州連合内で販売されるすべての製品に対する法的要求事項であり、該当するすべての指令について最低限の要求事項が満たされていることを示します。


機械安全のための実用ガイド

定期的に遭遇する共通の危険や問題点を中心に、機械安全分野における実用ガイドを紹介する特設ページです。法的枠組み、リスク評価、CEマーキングの3つのセクションに渡って解説しています。

機械安全のための実用ガイドはこちら

次のステップ

Site Selector