アディティブマニュファクチャリング

AM(Additive Manufacturing) ● 3Dプリンティング ● 積層造形

AM(Additive Manufacturing) ● 3Dプリンティング ● 積層造形

AMトップ >

 

 

AM技術への期待と課題

アディティブマニュファクチャリング(積層造形/3Dプリンティング, 以下AM)技術は従来の加工技術に比べ、例えば、複雑な形状、部品の統合、機能の向上、軽量化、設計自由度の高さ、部品の生涯コスト削減、多品種少量生産への対応、工程削減、リードタイム短縮の点で有利であることから、より付加価値の高い製品開発や新たなビジネスモデルの創造に適した生産技術として注目されています。

一方で、比較的新しい生産技術のため、メリットを十分に引き出せる活用法や品質保証に関する知見が一般的に不足しており、これらが製品製造へのAM技術の利用を阻む要因の一つと考えられます。

テュフズードは、AM製品の設計・製造・調達の全てが関係するAMの品質保証活動に対して各種の支援サービスを提供しています。

 

 

■ ニュース・イベント

2022/10/05

JIMTOF2022(11/8~13)AMエリア主催者セミナーにて、2テーマの特別講演を行います
聴講お申込み
受付中

2022/10/05

JIMTOF2022(11/8~13、東京ビッグサイト)AMエリアに出展します
ブース番号:南2ホール AM304

2022/09/21

3Dプリンティングオンラインセミナー(10/20)にて講演を行います
聴講無料、お申込み(10/19正午まで)はこちらから

2022/09/21

オンライン研修 「ISO/ASTM TS 52930:2021 解説」を開催します(10/19)
日本AM協会で申し込み受付中:講座の一部を紹介動画で公開中

2022/09/21

オンライン研修 「ISO/ASTM DIS 52920 解説」を開催します(10/18)
日本AM協会で申し込み受付中:講座の一部を紹介動画で公開中

■ サービス紹介

■ 参考資料

■ AM & テュフズード

■ 日本AM協会:AM人材教育プログラム
- eラーニング、オンライン研修、個別支援

 

 

テュフズードジャパン株式会社
アディティブ マニュファクチャリング チーム

問い合わせフォームは こちら
*「お問合せ弊社サービス→AM(積層造形/3Dプリンティング)」をご選択ください。

次のステップ

Site Selector