Choose another country to see content specific to your location

//Select a site

アディティブマニュファクチャリング

AM(Additive Manufacturing) ● 3Dプリンティング ● 積層造形

AMトップ >

 

革新的な生産技術への期待と課題

昨今、最終製品/連続生産へのアディティブマニュファクチャリング(3Dプリンティング、以下AM)適用事例が増え、その「デジタルなものづくりの特長」がより具体的に理解されはじめました。直接製造による工程削減およびリードタイム短縮、部品統合、機能統合、形状の複雑度合にみる限界費用上昇率の低さ、総保有コスト削減など、他の加工技術では実現し得ないメリットが引き出せることから、イノベーションをもたらす生産技術との認識が広まっています。

このような背景のもと、最終製品/連続生産におけるAM技術普及のため、国際的にAM関連技術の標準化についての議論や規格策定が行われています。品質保証に関する内容もその中に含まれています。AMの品質保証対策ではAM特有の変動要因を考慮する必要があるからです。

 

ニュース・イベント

参考資料

サービス紹介

AM & テュフズード

 

 

 

テュフズードジャパン株式会社
アディティブ マニュファクチャリング チーム

問い合わせフォームは こちら
 *分野は「AM(積層造形/3Dプリンティング)」をご選択ください。

もっと知る

ss-495878662-industrial-additive-manufacturing-teaser
ウェビナー

AMビジネスの成功と、仕組みづくり

本ウェビナーではAMの受託製造や、自社内の製造部門に代表されるようなケースでの「成功の仕組みづくり」を事例を交えて紹介します。

詳細はこちら

Gateway to Industry 4.0
ストーリー

スマートマニュファクチャリング ― インタストリー4.0

スマートマニュファクチャリング のポテンシャル向上

詳細はこちら

ss-243159208-deutsche-bahn-case-study-teaser
ケーススタディ

DEUTSCHE BAHN(ドイツ鉄道)

「Additive Manufacturer」認定制度の整備

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Site Selector

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa