robot

ロボットに関する安全性

ロボットソリューションに対するコンプライアンス

ロボットソリューションに対するコンプライアンス

ロボットに関する安全性 - 貴社は準拠していますか?

世界各地の製造業において、プロセスおよびシステムの効率化を達成するため、自動化および産業用ロボットの使用拡大に向けた変化が進行しています。ただし、システム障害は人および機器の双方にとって深刻な結果をもたらす可能性があるため、地域的および国際的なロボット安全基準に対するコンプライアンスは、サプライヤーおよびシステムインテグレーターにとって重要な関心事になっており、そのうちの多くの企業がコンプライアンスを徹底するためテュフズードを始めとするスペシャリストへと転身しています。 

ロボットに関する安全性とは何か

ロボット自動化による多くの商業上の利点については十分に文書化されていますが、これらはリスクなしに入手できるものではありません。産業用ロボットに関わるシステム障害は、従業員の安全性、プラント資産の保護、そして当然、継続運用性に対して大きな影響を与える可能性があります。自律的に動作する従来の製造ロボットの統合に始まり、協力ロボット(またはコボット)の人間-ロボット共有ワークスペースにおける効率的な動作の確保に至るまで、第三者機関によるロボットに対する安全性認証への投資が急速に必須条件となりつつあります。

貴社のビジネスに関連するロボット安全基準はどれ?

産業機械の場合と同様に、ロボットは機械、電磁両立性(EMC)および無線機器に関連する多くの異なる要求事項の対象となります。機器および使用側の双方を保護するために、固定ロボット、協力ロボット、移動ロボットおよびロボットシステムそれぞれについて独自の基準が導入されています。

たとえばISO 10218では人間が受忍限度を超えるリスクにさらされないよう、ロボット-人間協力動作における4つのモードについて説明しています。これらの規制を満足するためには、ロボットが協力動作中であることを視覚的に示すことに加え、以下の要求事項のうち少なくとも1つを満たす必要があります。

  • 安全評価監視による停止: 人間が共有スペースに立ち入るとロボットが停止します。 
  • 手動操作: ロボットの動作は人の手により制御されます。 
  • 速度および間隔の監視: ロボットは指定された距離および速度を維持します。 
  • 力および圧力の制限: 本質的な設計および制御により、接触時の影響を制限します。 

ロボットの安全性認証に投資するのはなぜか

安全性はロボットを使用するための前提条件ですが、ヨーロッパや北アメリカなどの多くの市場において、ロボットの安全性に関して異なる一連の基準があることはご存じでしょうか?これにより、世界的な市場にアクセスするためには産業用ロボットへの第三者機関による試験および認証の実施が不可欠であることが広く認知されています。

ロボット技術はさまざまな技術分野に基づいているため、産業用ロボットの安全性の確保は機械的安全性、電気的安全性、機能的安全性など複数の評価を必要とする広範囲にわたる活動となります。

ロボット使用地点の地理的位置に加え、使用されるアプリケーションおよびインターフェースやロボットの機能に応じて、それぞれ異なるコンプライアンス規則が適用されます。これらはすべて、貴社製機器の将来的な成功をサポート可能な認証パートナーを選択する際の重要な検討事項となります。

 

妥協なき標準化を実証

完璧な認証を受けた高レベルの製品安全性の提供により、人員、運用性および機器資産の保護に向けた業界標準に対するコンプライアンスおよびベストプラクティス工程を示すことができます。第三者機関による試験および認証によりリスクを最小化することは、グローバル市場へのアクセスを保証するだけでなく、妥協のない標準化への安心感を通じて既存顧客および潜在的顧客に信頼感を醸成します。

ロボットの安全性要求事項を満たすため、テュフズードが貴社にできること

ロボット技術は一連の技術的な規律に則しており、これによりロボットソリューションの安全性を確保しています。最先端の認証機関であるテュフズードは、ロボット安全試験について製品のライフサイクル全体にわたる包括的なポートフォリオを提供するとともに、

世界的な認知度: テュフズードはロボットの安全性試験に関する包括的なポートフォリオ、製品認証および監査サービスを提供しています。弊社の高度なスキルを備えた機械安全性に関する専門員のチームは、ロボット工学、産業用接続および積層造形などの最先端技術に関して最高レベルの知識を有しており、最新のロボット安全性基準を満足することで貴社のビジネスを支援するに最もふさわしい存在となっています。 

豊富な経験: サプライヤーおよびシステムインテグレータを製品ライフサイクル全体にわたりサポートする弊社は、設計段階から設置、運用そして生産終了に至るまで、市場をリードする多くの組織にとってロボットの安全性に関する最適なパートナーとなります。 

貴社ビジネスへのコンプライアンス: ロボットの安全性基準分野ではISO/IEC、EN、ANSIおよびULの各規格が地域的または世界的に適用されており、広範囲にわたるうえに断片的であるという状況にあります。弊社の知識豊富なチームが貴社の主要な意思決定者と協力して、貴社のビジネス、サプライチェーンおよび貴社の望む市場に応じたコンプライアンスレベルを特定します。 

将来に向けた保証: Industry 4.0およびスマートファクトリーの台頭により、ロボットの安全性について変化が起きています。よって、最も関連性の高いロボットの安全要求事項について案内することは、複雑でリソースのかかるタスクとなります。認証パートナーとしてテュフズードを選択し、現在事業を行っている市場だけでなく、将来参入する予定の市場に対してもコンプライアンスを確保しましょう。

お問い合わせはこちら

もっと知る

irobot
ブログ

ロボット掃除機「ルンバ」のIoTサイバーセキュリティを実現

テュフズードが「ルンバ」のIoTサイバーセキュリティ規格ETSI EN 303 645適合をサポート

詳細はこちら

IEC 62443 whitepaper download
ホワイトペーパー

IEC 62443 産業セキュリティ規格

産業サイバーセキュリティを確かなものに

もっと知る

Consumer Products and Retail Essentials
オンデマンドウェビナー

ペイメントサイバーセキュリティ

キャッシュレス決済分野におけるセキュリティ基準について、解説しています。

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Site Selector