AV Test

自動運転試験サービス

自動運転テクノロジーのスムーズな展開を実現

自動運転テクノロジーのスムーズな展開を実現

自動運転がさらに発展し、便利な世の中を実現させるためには、安全や信頼を得ることが重要です。テュフズードでは自動運転やコネクテッドビークルのための自動技術のスムーズな展開をサポートします。

 

<目次>

自動運転試験とは
自動運転試験が重要な理由
日本における自動運転のガイドライン
テュフズードの自動運転試験サービス
テュフズードの自動運転試験サービスが選ばれる理由

 

自動運転試験とは

高度自動運転や自動運転車がさらに開発されると、ソフトウエアや通信インターフェイスが様々に利用されることで、サイバーセキュリティやデータプライバシーのアセスメントと同様に、それら技術がすべて安全であることを確認する試験が十分に実施される、といった期待が消費者と規制当局との間に生じます。

消費者に自動運転が広く受け入れられるようにするには、この産業が運転と環境の両方に対する安全に自信を持たなければなりません。したがって車両内の通信、他車との通信(V2V)、インフラとの通信(V2I)そして他のデバイス(V2D)や他のネットワーク(V2N)との通信を含むシステムや環境を確実にしなければなりません。新しい自動運転車のテストアプローチ、リアルワールドとバーチャルシミュレーションテストの組み合わせ、そしてそれぞれの法規が、ドライバーレス技術の展開を後押しするために産業全体での標準化が開発される必要があります。

 

自動運転試験が重要な理由

自動運転技術の進歩とともに、徹底した自動運転車の安全性テストで公道を利用し自動運転技術の開発を発展させるためには、乗客の信用、信頼そして受容を得ることが必要です。テュフズードでは、以下のソリューションを提供することで自動運転やコネクテッドビークルのための自動技術のスムーズな展開をサポートします。

  • 自動運転やコネクテッド技術のための新しい安全アセスメントの順守基準を定義することで、既存の課題に対処
  • 実世界の環境で安全やセキュリティの評価にシナリオベースの手法を導入
  • 型式認証や製品安全の確認のために必要な再現可能な結果を提供
  • バーチャルとフィールドテストの手法を統合した効率的なハイブリッド手法で時間や費用を抑制
  • 自社開発の高精度なリモートコントロール車両を使い、厳密に定義し精度高く再現可能なシナリオで、自動運転車を配置し、テストトラックでのテストを実施します。

また、世界的な自動運転技術の急速な進歩により、均一で国際的に拘束力のあるガイドラインの検討は始まったばかりです。自動車線維持システムに関するUNECE規則の現行版を基に、国際的なパートナーのための統一法基盤の開発と創出を考察していく必要があります。

関連リンク
自動運転に必要な国際規則(ホワイトペーパー)
自動運転車の認証(ホワイトペーパー)

 

日本における自動運転のガイドライン

日本国内における自動運転のガイドラインとしては、2018年9月に国土交通省自動車局が、「自動運転車の安全技術ガイドライン」を策定しています。このガイドラインでは、自動運転に関する国際規定が策定されるまでの間も、安全な自動運転車の開発・実用化を促進することを目的とされており、レベル3またはレベル4の自動運転システムを有する乗用車、トラックおびバスが満たすべき安全要件を策定しています。

自動運転車はの安全性に関する要件として、以下の10項目が設定されています。

  1. 運行設計領域(ODD)の設定
  2. 自動運転システムの安全性
  3. 保安基準の遵守等
  4. ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)
  5. データ記録装置の搭載
  6. サイバーセキュリティ
  7. 無人自動運転移動サービスに用いられる車両の安全性
  8. 安全性評価
  9. 使用過程における安全確保
  10. 自動運転車の使用者への情報提供

ガイドラインの考えに基づき、2019年に道路運送車両法および道路交通法も改定されています。

 

テュフズードの自動運転試験サービス

テュフズードでは、グローバルなチームと自動運転に関する幅広い分野のエキスパートのネットワークが新しい産業の課題にお客様と一緒に取り組みます。

システムと有効性のアセスメント
適切な認証を確実にするために、テュフズードの開発チームは、自動運転の機能安全試験や品質分析や性能評価を含む安全とセキュリティのアセスメントのために効率的なソリューションを開発します。

統合試験の手法
実世界の車両試験は、自動運転車の幅広いレンジのシナリオに合わせるにはもはや不十分です。バーチャルシミュレーション、物理的なグランド、フィールドでのテストに加えてデータ(例:フィールドや事故データ)を複合的に使用して新しいアセスメント基準を定義しなければなりません。そこでテュフズードでは、シミュレーションと試験のフレームワークを開発しています。それにより複数のシナリオ、環境、システム設定、ドライバー特性を試験・分析することが可能になります。

サイバーセキュリティの対応
ネットワークとの接続レベルが上がるにつれ、道路の安全やデータプライバシーなどのインパクトのある電気系車両システムへのハッカー攻撃のリスクが増えています。テュフズードの国際的なITの専門性を用いて、新しい脅威に対応するための危険やリスク分析とデータプライバシーのための新しいソリューションを開発しています。

自動運転の法規開発
お客様の自動運転技術の展開を促進するために、テュフズードは、既存や開発中の新しいグローバルな自動運転の法規を改訂する標準化委員会に参加しています。

 

テュフズードの自動運転試験サービスが選ばれる理由

テュフズードは自動車ソリューションにおいて100年以上の経験を持ち、自動車OEMやサプライヤーとグローバルに協力関係にあります。高度自動運転の時代に入り、ADASシステムのテストやベンチマークの豊富な経験を活用していきます。加えて型式認証のための法的な枠組みや規格を定義することで、自動運転技術の展開を促進するための標準化委員会に参加しています。同様に自動運転車の安全やサイバーセキュリティを確保するための適切なテスト手法を開発・確立するために様々なグローバルプロジェクトにも参加しています。

様々なグローバルの高度自動運転プロジェクトに密接に関与しています。
  • IAMTS:The International Alliance for Mobility Testing and Standardization (IAMTS) は、テュフズード、SAE International、China Automotive Technology and Research Center (CATARC)、Shanghai Intelligent Automotive Center (SIAC)、International Transportation Innovation Center (ITIC)と一緒に結成されました。グローバルでの、組織のメンバーシップをベースとした提携で、先進モビリティシステムやサービスのテスト、標準化、認証に関わり、スマートモビリティテストベッドの国際的なポートフォリオを開発し、成長させるミッションとなることは、最高品質の実装や作業基準を満たします。
  • PEGASUS:テュフズードは、ドイツ連邦経済技術省(BMWi)の政府PEGASUSプロジェクトで唯一のテクニカルサービス組織としての参加者で、16の産業及び研究パートナーで組織されたコンソーシアムが高速道路における高度自動化運転システムの評価・検証にフォーカスしました。
  • CETRAN:テュフズードは、シンガポールのCentre of Excellence for Testing and Research of Autonomous Vehicles (CETRAN) と協力し、都市環境での自動運転車の規格開発と機能安全の新しい課題に対応しています。
  • openGENESIS:自動運転に使われる人工知能(AI)をベースとしたシステムを認証するためと、アルゴリズムに対して"公道上での走行に関する適性テスト"を開発するためのテュフズードとGerman Research Center for Artificial Intelligence (DFKI) のコラボレーションによるプロジェクトです。

お問い合わせ

もっと知る

Predicting the unpredictable: Are driverless cars ready for real-world complexity?
ブログ

予測できないことを予測する

無人自動車は現実世界の複雑さに対応しているのか?

詳細はこちら

Used car vehicle - car dealership
ホワイトペーパー

ISO 26262 規格への準拠

ISO 26262 規格の量産される乗用車に組み込まれる安全関連システムについてご紹介致します。

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Site Selector