Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

自動運転に必要な国際規制

ホワイトペーパー

開発の現状

世界市場における自動運転車の急速な立ち上げには、世界的に統一された規制が必要です。しかし今日まで、規制は地域によって大きく異なり、均一で国際的に拘束力のあるガイドラインの開発は始まったばかりです。SAEレベル3での自動運転システムに対する最初のUNECE規則は、2021年初めに施行される予定です。これは先駆的な成果であり、さらなる国際的な拘束力のある規制のテンプレートとなるものです。
 
このホワイトペーパーでは、自動車線維持システム(ALKS)に関するUNECE規則の現行版を基に、国際的なパートナーのための統一法基盤の開発と創出を考察します。また、欧州、米国、アジアの各種自動車市場における自動運転機能の認証に向けた取組みにも焦点をあてます。
 
サイバーセキュリティの試験、ソフトウェア更新プロセス、データストレージシステム(DSSAD)、機能安全、意図した機能の安全性(SOTIF)機能的、シミュレーションといった文脈で、型式認証のためのシステムの機能性や要件に焦点を当てます。またこのホワイトペーパーでは、自動運転機能ALKSの型式認証手続きに関連した物理試験の問題についても検討しています。


ホワイトペーパーをダウンロードして頂きたい理由

  • 自動車線維持システム(ALKS)のUNECE規制の現行版について知識を深めることができます
  • 自動運転機能の認証を得るための現在のマーケットや規制の状況の概要が分かります
  • 型式認証のためのシステムの機能性や要求事項に関する見識が得られます
  • 自動運転機能ALKSのための型式認証の必要事項に関連する物理試験についてより知ることができます
  • 自動車線維持システムのためのテストシナリオについてのより詳しい情報が得られます

関連サービス: 自動運転 | 公道における自動運転車の運用許可Assessment of automated vehicles with scenario-based testing(英語)

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa