レーザー試験

 

 

レーザー試験とは

レーザー光は人工的に作られた光で指向性に優れているため、自然光とは比較にならないほど高密度になります。出力が高い場合、人体に有害になることもあるため、その安全性を確認することがレーザー試験の目的となります。

 

どのような場面で必要な試験か

レーザーを内蔵した製品は、その安全性について製品規格の中で要求されています。(例:IEC 62368-1 Clause 10、IEC 61010-1 Clause 12など)

レーザー光の基準は、国際基準ではIEC60825-1、国内基準ではJIS C6802-1で規定されており、製品規格の中でその規格へ適合していることを要求しています。

また、米国へ出荷する場合、レーザー製品の規制として米国食品医薬局FDAへの届出が義務づけられています。

 

テュフズードが提供するサービスについて

当社では国内外の基準に基づき、レーザーパワーの測定試験、危険度に応じたクラス分けを行い、試験成績書を発行します。

次のステップ

Site Selector