Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

TL 9000

電気通信産業品質マネジメントシステム認証

TL 9000

電気通信産業品質マネジメントシステム認証

TL9000は、電気通信産業向けの品質マネジメントシステム規格として、電子通信におけるハ-ド ウェア・ソフトウェア・サービスに関わるサプライチェーンにおける製品やサービスの品質向上をサポートする目的として誕生しました。

TL 9000とは

品質マネジメントシステムの国際規格ISO 9001を基本とした規格で、電気通信産業特有の要求事項に合わせて拡張されています。本規格は米国、カナダ及び英国の主要な通信サービスプロバイダーにより構成されているQuESTフォーラムによって1999年に、TL 9000ハンドブック初版が発行され、 当初の展開は北米中心でしたが、その後アジア、ヨーロッパにも広がっています。
規格の構成としては、「品質システム要求事項」と「測定法」の2つに大きく分類されています。

1. 品質システム要求事項

ハードウェア要求事項、ソフトウェア要求事項、サービス要求事項に対して共通に要求されるものと個別に要求される内容で構成されている。

2. 測定法

ハードウェア要求事項、ソフトウェア要求事項、サービス要求事項に対して共通に要求されるものと個別に要求される内容で構成されている。
品質パフォーマンスデータ(ハードウェア返品率、ソフトウェア欠陥率、サービス修理の成功率等)をQuESTフォーラム管理者に報告することが要求される。

 

認証取得プロセス

TL9000プロセスフロー

TL9000 認証取得のメリット

国内・海外を問わず電気通信業界を代表する企業の取引先条件にはTL9000認証取得業者であることが推奨されています。

  • QuESTが運営する登録管理システム(RMS)に登録され、優良なサプライヤーとして国際的に認知されるとともに、業界のベンチマーク及び製品のパフォーマンスデータを入手できます。
  • 電気通信業界特有の要求事項をプロセスに組み込むことで製品やサービスの品質向上
  • 各顧客からの個別審査の省略
  • 既存のISO 9001を含めた統合審査によるコスト削減と時間の節約

もっと知る

ISO 9001 2015 guidance
ホワイトペーパー

ISO 9001:2015

品質マネジメントシステム 継続的に改善のために、戦略的に取り組む

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa