e-モビリティ

e-モビリティの安全な採用を推進する

e-モビリティの安全な採用を推進する

今日の自動車エンジンでは化石燃料を燃焼させます。e-モビリティの採用により、将来は、よりクリーンで、より持続可能な形でモビリティを確保できます。電気自動車は静かで、走行中に有害な排気ガスを排出することもありません。自動車の電池や水素タンクに再生可能エネルギーを使用すれば、将来的にはe-モビリティによって、排気ガスをまったく排出せずに走行することも可能になります。

新しい開発により、電気自動車にとってかつてないチャンス ― 主要な技術革新やインフラ整備、石油価格の高騰や地球温暖化対策 ― が生まれています。自動車メーカー、電池メーカー、エネルギー供給業者、政治家が連携し、e-モビリティの可能性を現実化させるよう努力しています。

テュフズードは、1世紀以上にわたりドイツ自動車の安全技術に関わってきた経験から、ドイツ政府に対し、e-モビリティのインフラを安全で継続可能な形で整備するにはどうしたらよいか提言しています。OEM企業やサプライヤからも、自動車本体や構成部品の独立した試験や認証に関して期待を受けています。高電圧技術などの重要な分野でのトレーニングも、テュフズードが提供する一連のe-モビリティ・エンドツーエンドサービスの1つです。

テュフズードは、お客様とのパートナーシップを基本にし、e-モビリティに、従来のモビリティと同等の安全性と利便性を与えるべく、お客様をサポートします。

次のステップ

Site Selector