AI品質管理認定プログラム(AIQCP)

AI&データ品質をマスターするための実践的なトレーニング

AI&データ品質をマスターするための実践的なトレーニング

コースの概要

AI品質管理認定プログラム(AIQCP)は、あらゆる業界のAIシステムや製品の品質を効果的に管理するために必要な知識とスキルを、個人や組織に習得させることを目的とした包括的な認定人材育成プログラムです。この2つのレベルのコースは、安心、安全性、法律、倫理、パフォーマンス、サステナビリティからなるAI品質に必要なすべての側面を網羅しています。AIの標準化と規制に積極的にかかわっている当社の専門家が指導し、受講者は国際的に受け入れられている方法論、標準、規制、ベストプラクティスについての洞察を得ることができます。コースでは、AI品質マネジメントシステムを実施するための貴重な教材、テンプレート、ガイダンスを提供します。このコースを修了し、試験に合格すると、受講者には修了証が授与され、組織内でAIとデータ品質管理の責任を担う能力と能力が証明されます。このコースは、AIを拡大し、規制を遵守し、財務的および法務的にもレピュテーションリスクを軽減するために責任あるAI利用を実証するための重要な基礎となります。

 

トレーニングから何が得られるのか

  • あらゆる産業や社会におけるAIの重要性と影響
  • AIの課題と失敗、それに対する戦略
  • AIシステムの基本設計と原則
  • AIのステークホルダーとその役割
  • AIの品質モデル:安心、安全性、法律、倫理、パフォーマンス
  • AI導入のリスクアセスメント
  • AIガバナンス・プロセスの枠組みと管理
  • AIデータ品質とデータライフサイクル管理
  • 日常業務におけるAI品質フレームワークの適用
  • AI標準と規制活動

コースの内容

 

  • AIQCP 基礎:レベル1 - エンジニア
    1. モチベーションと要件
      • AI入門とAI品質の必要性
      • AIに関する現在および今後の標準と規制
      • 役割、責任、負債
    2. AI品質
      • 用語と定義
      • AI品質の主要な支柱
      • AI品質のライフサイクル
      • AI品質マネジメント
    3. AI品質フレームワーク
      • AI品質マネジメントシステム構築の方法論と主要な要素
      • AIガバナンスの要件
      • ケーススタディから見るAI品質マネジメント
      • IEEEにおけるAI倫理
    4. AIフレームワークの適用
      • AI品質マネジメントシステムの計画
      • AI品質パラメータの管理
      • AI試験と評価
    5. 試験
      • 多肢選択問題
  • Schedule: AIQCP Level 1

    Region

    Dates (2024)

    Training Time (Timezone)

    Asia

    Training:

    27 Feb

    SGT: 0900hrs – 1500hrs (UTC +8)

    28 Feb

    SGT: 0900hrs – 1500hrs (UTC +8)

    29 Feb

    SGT: 0900hrs – 1200hrs (UTC +8)

    Examination:

    4 Mar

    SGT: 0900hrs – 1030hrs (UTC +8)

    Europe

    Training:

    19 Mar

    CET : 0900hrs – 1500hrs (UTC +1)

    20 Mar

    CET : 0900hrs – 1500hrs (UTC +1)

    21 Mar

    CET : 0900hrs – 1200hrs (UTC +1)

    Examination:

    25 Mar

    CET : 0900hrs – 1030hrs (UTC +1)

    Asia

    Training:

    15 Apr

    SGT: 0900hrs – 1500hrs (UTC +8)

    16 Apr

    SGT: 0900hrs – 1500hrs (UTC +8)

    17 Apr

    SGT: 0900hrs – 1200hrs (UTC +8)

    Examination:

    22 Apr

    SGT: 0900hrs – 1030hrs (UTC +8)

    Europe

    Training:

    06 May

    CET : 0900hrs – 1500hrs (UTC +2)

    07 May

    CET : 0900hrs – 1500hrs (UTC +2)

    08 May

    CET : 0900hrs – 1200hrs (UTC +2)

    Examination:

    13 May

    CET : 0900hrs – 1030hrs (UTC +2)

    Americas

    Training:

    03 Jun

    EDT : 0900hrs – 1500hrs (UTC -4)

    04 Jun

    EDT : 0900hrs – 1500hrs (UTC -4)

    05 Jun

    EDT : 0900hrs – 1200hrs (UTC -4)

    Examination:

    10 Jun

    EDT: 0900hrs – 1030hrs (UTC -4)

    Asia

    Training:

    24 Jun

    SGT: 0900hrs – 1500hrs (UTC +8)

    25 Jun

    SGT: 0900hrs – 1500hrs (UTC +8)

    26 Jun

    SGT: 0900hrs – 1200hrs (UTC +8)

    Examination:

    2 Jul

    SGT: 0900hrs – 1030hrs (UTC +8)

    Europe

    Training:

    16 Jul

    CET : 0900hrs – 1500hrs (UTC +2)

    17 Jul

    CET : 0900hrs – 1500hrs (UTC +2)

    18 Jul

    CET : 0900hrs – 1200hrs (UTC +2)

    Examination:

    22 Jul

    CET : 0900hrs – 1030hrs (UTC +2)

    Asia

    Training:

    19 Aug

    SGT: 0900hrs – 1500hrs (UTC +8)

    20 Aug

    SGT: 0900hrs – 1500hrs (UTC +8)

    21 Aug

    SGT: 0900hrs – 1200hrs (UTC +8)

    Examination:

    26 Aug

    SGT: 0900hrs – 1030hrs (UTC +8)

    Europe

    Training:

    23 Sep

    CET : 0900hrs – 1500hrs (UTC +2)

    24 Sep

    CET : 0900hrs – 1500hrs (UTC +2)

    25 Sep

    CET : 0900hrs – 1200hrs (UTC +2)

    Examination:

    30 Sep

    CET : 0900hrs – 1030hrs (UTC +2)

    Americas

    Training:

    21 Oct

    EDT : 0900hrs – 1500hrs (UTC -4)

    22 Oct

    EDT : 0900hrs – 1500hrs (UTC -4)

    23 Oct

    EDT : 0900hrs – 1200hrs (UTC -4)

    Examination:

    28 Oct

    EDT: 0900hrs – 1030hrs (UTC -4)

    Europe

    Training:

    25 Nov

    CET : 0900hrs – 1500hrs (UTC +1)

    26 Nov

    CET : 0900hrs – 1500hrs (UTC +1)

    27 Nov

    CET : 0900hrs – 1200hrs (UTC +1)

    Examination:

    02 Dec

    CET : 0900hrs – 1030hrs (UTC +1)

    Asia

    Training:

    04 Dec

    SGT: 0900hrs – 1500hrs (UTC +8)

    05 Dec

    SGT: 0900hrs – 1500hrs (UTC +8)

    06 Dec

    SGT: 0900hrs – 1200hrs (UTC +8)

    Examination:

    09 Dec

    SGT: 0900hrs – 1030hrs (UTC +8)

    For partners, group discounts, existing customers or academic discounts contact us at [email protected]

  • AIQCP専門:レベル2 – プラクティショナー

    このトレーニングは、AIQCPエンジニアレベル1をベースにしたもので、AI品質フレームワークを具体的なAI製品やシステムに適用することができます。また、法規制および標準化の最新の動向についても把握することができます。受講にあたっては、AI品質マネジメントに関する経験が1年以上あることが望ましいです。

    AI品質マネジメントの責任者を目指す方

    コースの内容:

    1. AI品質の際確認
      • AI品質フレームワークの概念
      • 関連する規格と規制
      • アプリケーション方法論、ツール、テンプレート
      • 定性的および定量的評価基準
      • IEEEにおけるAI倫理
    2. AI品質フレームワークの適用
      • 実装事例の紹介
      • テップ・バイ・ステップの実装プロセス
      • 個別のAI品質マネジメントシステム(AI QMS)の設計
    3. 分析
      • 実装事例のプレゼンテーションとディスカッション
      • 学んだ教訓に基づく改良
      • 実装事例のAI品質報告書の作成
    4. 試験
      • 多肢選択問題
      • 実装事例に対応したAI品質マネジメントシステム(AI QMS)の設計
 

Artificial  Intelligence

受講対象者

このプログラムは、AI品質を理解し、管理し、コントロールしたいと考え、構想からその廃棄までのAIライフサイクルのどこかの段階においてもプロジェクトに携わっている専門家を対象としています。

  • AI開発者・エンジニア
  • AIプラクティショナー 、データアーキテクト
  • データエンジニアおよびサイエンティスト
  • 品質・技術マネージャー
  • ソフトウェア開発者
  • システム管理者

 

講師紹介

このトレーニングの提供はTÜV SÜD PSB Singaporeです。

トレーニングのお申し込みはこちら(英語)


もっと知る

AI:アーティフィシャルインテリジェンス(人工知能)

信頼性を担保し、最新情報を把握し、AI(人工知能)を最大限活用しましょう。

詳細はこちら

AI Quality

AI品質-ガイド付きアセスメント

AI品質とコンプライアンスを保証するための体系的なアプローチ

詳細はこちら

readiness-analysis

AI品質レディネス分析

貴社のAI品質に対する準備度合いを確認

詳細はこちら

次のステップ

Site Selector