AI Quality

AI品質-ガイド付きアセスメント

AI品質とコンプライアンスを保証するための体系的なアプローチ

AI品質とコンプライアンスを保証するための体系的なアプローチ

なぜAI品質のガイド付きアセスメントが必要なのか 

経営者の80%が、AIを拡張しなければ5年後に倒産するリスクがあると考えています。しかし現在、実行されているAIプロジェクトのほとんどは期待した成果を出していません。AIを拡張し、その可能性を最大限に活用するには、関連するリスクを明確化し管理する必要があります。

テュフズードは、早くからAI品質に焦点を当て、この分野における包括的な専門知識を構築してきました。その知識を活かし、現在、AIを使用または開発している組織の支援をしています。当社では、技術的失敗、組織の弱点、規制や法的要件の違反、意図しない倫理的偏見による風評被害などのリスクを管理する方法を教えます。

当社のAIガイド付きアセスメントは、基準や規制、業界のベストプラクティスに基づくものです。これにより、組織は体系的なAI品質フレームワークを導入することができます。

 

当社がカバーするペインポイントとは

  • 規制/コンプライアンス(リスク)
  • AIの責任ある利用(AI倫理)
  • スケーラビリティ(社内 / ガバナンス) 

 

ガイド付きアセスメントの範囲と順序

 

AI品質の専門家が、実際のAIコンポーネント、ソリューション、またはシステムのスコープを作成することから、このガイド付きアセスメントを実施します。AI品質レディネス分析と同様に、このアセスメントでも6つの主要な品質の柱を調査します。

 

AI Quality

リスクベースのアプローチで、優れた品質フレームワークにより、企業固有の品質プロファイルを作成します。このプロファイルに基づき、ギャップや改善点を明確に理解するための評価をします。

これにより、企業の価値観や規制に沿った規格やベストプラクティスで構成された品質フレームワークを体系的に導入することができます。

 

AI品質ガイド付きアセスメントから得られるもの

AI Quality

  

 

テュフズードを選ぶ理由

 

テュフズードでは、試験、検査、認証の専門知識と、インダストリー4.0、AI、IoT、サイバーセキュリティに関する深い知識を組み合わせて活用します。AI開発者とユーザーがこの変革的なテクノロジーの可能性を最大限に活かすために不可欠なAI品質を組織が体系的に計画し実施するための基盤構築をご支援します。


 

 

よくある質問(FAQ)

 

AIガイド付きアセスメントプロセスに関わるのはどういった職務の人でしょうか?

 

人工知能の品質への実現に向けたプロセスには以下を含む、組織全体が関与します:

  • 技術チーム
  • 品質マネジメント
  • IT
  • プロダクトオーナーとマネジメント
  • 法務

 

AIを導入して良い結果を得ています。それでも、AIガイド付きアセスメンを追加する必要がありますか?

例えば、あなたは自動車メーカーで、自分の車の仕様に満足しており、速度0km/hから100km/hへの加速の速さに誇りに思っています。だからと言って、この車を品質確認プロセスなしに生産することは良い選択と言えるでしょうか?メンテナンスの方法を知っていますか?氷点下の環境下ではどうなりますか?CTOが突然退職して組織が迷走するようなことはないでしょうか?保険会社からコンプライアンスの証明を求められていませんか?突然の敵対的攻撃にさらされることも考えられます。
おわかりいただけたでしょうか?AIは組織全体に影響を及ぼすので、その前提で適切に対処する必要があるのです。

 

IoT機器にもAIガイド付きアセスメントは必要でしょうか?

もちろんです! AIは、生産部門やデータサイエンス部門で管理するだけでなく、IoT機器に組み込む場合にも管理が必要です。顧客やエンドユーザーが信頼できるAIを用いることが出来るよう、対策しましょう。

 

AIガイド付きアセスメントを受けることで、トラブル発生時の責任問題から身を守れますか?

これは、企業が規格や規則に基づいたAI品質フレームワークを導入する大きな理由の1つです。フレームワークを導入することによりトラブルの発生を限りなくゼロに近くできるため、責任問題に発展するリスクを大幅に減らすことができます。また、万が一発生してしまった場合も、法的要件や基準への準拠をしていることは、責任問題に対処する際の強力な盾となるでしょう。


レディネス分析とガイド付きアセスメントの違いは何ですか?

レディネス分析では、あなたの成熟度や最大の弱点、リスクについて概観しますが、品質基準のひとつひとつを突き詰めていくわけではありません。レディネス分析は、次のステップの優先順位を決めるための羅針盤となるものです。 

ガイド付きアセスメントでは、AIシステムを隅々までスキャンし、関連する全ての品質基準ごとに、明確で詳細な解説を提供します。規格や規則とのギャップを、あらゆる属面から側面で特定するのがガイド付きアセスメントになります。

 

お問い合わせはこちら

EXPLORE

AI:アーティフィシャルインテリジェンス(人工知能)

信頼性を担保し、最新情報を把握し、AI(人工知能)を最大限活用しましょう。

詳細はこちら

readiness-analysis

AI品質レディネス分析

貴社のAI品質に対する準備度合いを確認

詳細はこちら

AI品質トレーニング

AI&データ品質をマスターするための実践的なトレーニング

詳細はこちら

次のステップ

Site Selector