テュフズードのAI品質サービス - リスクを管理し、ビジネスの価値を創造する

 

AI(人工知能)は、これまでの組織の在り方を激変させ、競争を再定義する、最も影響力のあるテクノロジーのひとつです。AI関連の革新技術に関するニュースが日々見出しを飾っていますが、組織にとってAIを事業に取り入れ、更にそれを発展させることは容易ではありません。

企業は、信頼できるAIをどのように構築するか、AI関連プロジェクトを推進していく際の複雑な品質要件にどのように対処するのか、対応すべき規制というプレッシャーとどう向き合うのか、といった課題を抱えています。

テュフズードの優れたAI品質フレームワークは、最新の規格および規制、ビジネス要件、ベストプラクティスに基づいており、AIによるリスクを最小化します。

当社のAI & データ品質サービスをご利用頂くことで、規制を遵守したうえで、信頼の高いAIを最大限活用出来るようになるのです。

 

AI&データ品質について理解するための
実践的なe-ラーニングやトレーニング
詳細はこちら
Ai readiness analysis
貴社のAI品質への対応レベルを分析
詳細はこちら
AI Quality
AIの品質とコンプライアンスを保証するための機能的なアプローチ
詳細はこちら

 

AI品質とは

AIシステムの品質とはすなわち、明確に定義された基準を満たせる能力です。効率的なエコシステムの品質を測る基準は以下の通りです:

  • 透明性がある
  • 測定可能である
  • 監査可能である

AI品質とは、以下の項目の開発・運用時の品質を指します:

  • AIシステム:インフラを含む精度や信頼性、パフォーマンスなど(左記はあくまで例であり、これらに限らない)
  • AIデータ:そのライフサイクル、およびAIシステムとの関連性
  • AIガバナンス:例えばコンプライアンス、戦略、人事などを含むもの
  • AIプロセス管理:サイバーセキュリティ等のライフサイクル・リスクマネジメント全般に関与するもの
 

テュフズードのサービスがカバーするペインポイントとは

AIシステムの品質とはすなわち、明確に定義された基準を満たせる能力です。これが担保されることで、実現できることは以下の通りです:

  • 規制/コンプライアンス(リスク)への対応
  • AIの責任ある利用(倫理的AI)
  • IAI事業のスケール (社内/ガバナンス)

 

テュフズードの総合的なAI品質フレームワーク


AIとデータのライフサイクル全体をカバーし、6つの柱に分け、規格、規制、ベストプラクティスで分析します。

 

Artificial  Intelligence 

 

AI品質のパートナーとしてテュフズードを選ぶ理由

  

AI icons AIの専門知識

当社のAI関連スキルと専門性を組み合わせ、独自のAI品質のフレームワークを開発しました。関連する既存、および今後の適用予定の規格・規制に対応し、AIとデータ品質の導入を促進することができます。

 

AI icon 品質へのこだわり 

新たなテクノロジーへの信頼性を高めることは、私たち、第三者認証機関のDNAであり、創業以来の指針でもあります。今日のデジタル世界においては、AIシステムの安心・安全、信頼性、堅牢さを保証することを使命としています。 

 

 

AI icon独立性と中立性

テュフズードは独立した中立な組織として、150年以上にわたり試験、検査、認証サービスを提供しています。

 

FAQ よくある質問

  • 欧州AI規則(EU AI Act)は私と関係がありますか?

    これに対する明確な答えはありませんが、もしあなたが人間と接するAIを使用、またはプログラミングしているのであれば、答えはおそらく”イエス”です。欧州AI規則はリスクベースアプローチであるため、前述以外でもAIに携わる事業を行っていれば、関係する可能性はあります。気になるようであれば、お気軽に私たちにご連絡ください。

  • AI品質管理プロセスの導入は難しいですか?

    AI品質管理プロセスは、組織全体、AIシステム、データ、プロセスすべてに関わってきます。プロセスや文書化、ガバナンス、インフラなど、AIを正しく活用する方法を学び、実践することなのです。貴社のデジタル・トランスフォーメーションのフェーズによっては、多くのことが求められる可能性もあります。テュフズードは、ニーズに応じて、貴社の状況をあなたが把握できるよう、寄り添ってお手伝いさせて頂きます。

     

  • 生産現場でAIを導入しており、良好な結果を得ています。なぜ、AIの品質を高める必要があるのでしょうか?

    例をあげてみましょう。あなたは自動車メーカーです。あなたは自分の車の仕様に満足しており、速度が0から100km/hに加速する速さに誇りを持っています。だからと言って、品質確認手順を踏むことなく、この車を生産しても問題ないということになるでしょうか?あなたはその車のメンテナンス方法を知っていますか?氷点下の走行に問題はないでしょうか?あなたの会社のCTOが突如退職しても困ることはないですか?保険会社からコンプライアンスの証明を求められた場合、提出できるものはありますか?使用しているAIは敵対的攻撃にさらされていないでしょうか?

    ご理解いただけたでしょうか。AIはあなたの組織全体に関わるものであり、その前提で対処していく必要があるものなのです。

  • IoT機器のAI品質は必要ですか?

    もちろんです!AIは、生産部門やデータサイエンス部門で管理するだけでなく、IoT機器に組み込んだ場合も同様に管理されるべきものです。製造業者として、顧客やエンドユーザーが信頼できるAIを使用していることを保証したいはずです。

  • AI品質で法的責任から自社を守ることができますか?

    これは、規格と規制に基づいたAI品質フレームワークを導入する主な理由の1つです。責任問題が発生する可能性はほぼ起きないであろうというレベルまで、法的責任を負うリスクを大幅に軽減することができます。万が一発生した場合でも、法的要件や基準への準拠が、責任問題に立ち向かう強力な盾となります。

もっと知る

shutterstock-1083161909
ホワイトペーパー

AIの品質-大規模なAI導入と規制適合のカギ

適切なAI品質管理によって、すべての課題に対処する

詳細はこちら

次のステップ

Site Selector