Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

TRAINING & PERSONNEL CERTIFICATIONS

テュフズードインフォサービス

WEBセミナー(Global program)

 

THE NEW IATF 16949:2016 / 新しい IATF 16949:2016 講座【Q01】

 

<概要>

自動車産業の国際的な品質マネジメントシステム規格である IATF 16949:2016 は、IATF(国際自動車産業特別委員会)メンバーである欧米の自動車メーカー9社が、部材の調達先である部品/材料メーカー(サプライヤー)に対して、その認証登録を取引条件として要求するものです。

本講座は、ドイツの認証機関であるテュフズード本部が、IATF 16949 認証制度の意義・目的に沿った IATF 16949 規格の実践的な解釈を学べるように開発した eラーニングコースです。

IATF 16949:2016 と前身の規格 ISO / TS 16949:2009 との変更点である HLS (high level structure) や、規格の基礎となった ISO 9001:2015 との差分を比較しながら、新しい要求事項を着実に学んでいただけます。

更に、次のような実践的な場面に対して、どのように適切に業務運営するべきかを併せて体験いただけます。

● 自動車車体部品の供給者である我が社にとって、利害関係者は誰になるのであろうか?
● ヨーロッパ市場に上市する場合、どの規制が適用され、どの規制当局から監視されるのであろうか?
● 望ましい品質目標の例とは、どのようなものであろうか?
● ドイツ域内の法人と異なり、日本の法人が緊急時対応計画を立てる際、どういった点を意識的に盛り込む必要があるのか?
● 自動車のフロントガラスの生産ラインを変更する場合、どういったリスク評価をする必要があるのか?

本講座は、英語でのご提供となります。日本語圏の受講者は和英対訳テキスト(英語音声を和訳した原稿)を参考に、講義と確認テストを受けていただくことが可能です。確認テストに合格した方には、eラーニングコース修了書(英語)がオンラインで授与されます。
  

<講座概要>

Module 1: HLS (high level structure)、プロセスモデルと PDCA

Module 2 前半: ISO / TS 16949:2009 からの変更点、
          ISO 9001:2005 との差分を意識した IATF 16949:2016 の各条項の要点

Module 2 後半: 確認テスト

Module 3: IATF 16949:2016 で初めて追加された新しい特別要求事項

Module 4: ISO / TS 16949:2009 認証から IATF 16949:2016 認証への移行

  
<講座時間>

Module 1 ~ 4:約60分間
Module 2 後半:確認テスト  全25問(80%以上の正解で合格となります)

  
   

費用はこちら

 

WEBセミナー Global Program(海外法人作成プログラム)とは?

 


 

 Global Program のお問合せ・お申込み方法

下記のフォームよりお申込み・お問合わせください。
担当者よりお見積をお送り致します。

お申込みの流れについてはこちら

お問合せ・お申込みフォーム

 

 

お問合せ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa