AM品質保証の実際

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー「AM品質保証の実際」

Wohlers Report 2021」によると、アディティブマニュファクチャリング(アディティブ製造、積層造形、3Dプリンティング、以下AM)技術の利用目的は、製品製造の割合が31.5%と最も高いことが分かります。

AM 製品に関わる人々は、ユーザ、メーカー、製造に使用される装置、材料、ソフトウェアのメーカー/販社など多岐にわたります。

こうした中、今、AM製品ユーザが求める品質の証明のあり方が課題になっています。この資料は、AM製品の品質保証アプローチについて大きな流れを理解していただくことを目的とします。カギとなるのは、関連規格やガイドラインおよび第三者機関による認証の活用です。

詳しいご説明をご希望の方は、こちら(お問い合わせフォーム)よりお気軽にお問い合わせください。


主な内容

  • AMの量産・最終製品製造

  •  AMに関わる人々

  • 要求品質の満足はどう証明されるのか

  • 品質保証の体系

  • 品質保証活動

  • AMの製造工程

  • 自工程完結・品質ゲート

  • 不具合を起こしてみよう

  • CADデータのインポート

  • STL変換

  •  オリエンテーション(造形姿勢)

  • 配置

  • レイヤー厚

  • 品質保証の実際の進め方

  • 品質保証活動を楽にする方法3つ

  • AM関連規格の発行状況

  • AM製造の品質保証関連の規格

  • 規格を使って品質保証をしやすくする

  • AM製造サイト認証

  • AM品質保証の実際


関連サービス

AM(積層造形/3Dプリンティング) 品質保証 ~ 研修 ・ 支援 ・ 認証 サービス

AM(積層造形/3Dプリンティング) eラーニング講座

無料ウェビナー 「AMビジネスの成功と、仕組みづくり」

次のステップ

Site Selector