GHGプロトコルとは?温室効果ガス排出量算定・報告の原則を解説

最近、「GHGプロトコル」という言葉をよく耳にしているものの、何のことか分からない、もしくは企業の環境対策として重要なキーワードであることは知っているものの、なぜ重要なのか、そしてどのような内容なのかを知りたいとお考えかもしれません。GHGプロトコルとは、温室効果ガスの排出量を算定し、報告する際の国際的な規準です。企業はこの基準に沿って報告することで、信頼性のある情報開示が可能になります。

今回は、GHGプロトコルの概要や、特に重視する項目、採用メリットをわかりやすく解説します。

関連セミナー:ISO 14064 に基づく GHG 排出量の算定・報告・検証等に関する基礎セミナー

 

GHGプロトコルとは?

GHGプロトコルとは、企業向けに開発された、温室効果ガス排出量を算定・報告するための国際的な基準です。GHGとは「Greenhouse Gas」の略称で、プロトコルとは規格や規則、共通手順等のような意味合いを持ちます。策定を主導したのは、米国のシンクタンク「WRI(World Resources Institute:世界資源研究所)」と、「WEBCSD(World Business Council for Sustainable Development:持続可能な開発のための世界経済人会議)」で、各国の政府機関も関与し、2011年10月に公表されました。

GHGプロトコルが策定された目的は、国際的に認められたGHG排出量の算定と報告の基準を開発することで、利用促進を図ることにあります。

GHGプロトコルが重視する「サプライチェーン排出量」とは

GHGプロトコルの一番の特徴は、「サプライチェーン排出量」を重視している点にあります。サプライチェーン排出量とは、自社が排出する温室効果ガスだけでなく、サプライチェーン全体における排出量のことです。一般的に、温室効果ガスを排出する企業は、事業を行う際に、自社単独で行えるものではなく、複数のサプライチェーンが関与しています。そのため、自社一社だけの排出量を見ていたのでは、正確な実態を掴んでいるとはいえません。

そこでGHGプロトコルでは、自社だけでなく、サプライチェーンの上流から下流までのあらゆる工程の中での温室効果ガス排出量を対象とする算定・報告基準が設定されています。

 

GHGプロトコルの「Scope」とは

GHGプロトコルにおいては、サプライチェーン全体の温室効果ガス排出量を「Scope(スコープ)」という表現を用いて3つの段階に分類しています。それは、「Scope1(直接排出量)」「Scope2(間接排出量)」「Scope3(その他の排出量)」の3つです。それぞれ、どこからの排出量を指すのか確認していきましょう。

Scope1(直接排出量)

自社が所有・管理する設備等の排出源からの、直接的な温室効果ガス排出量です。

例)自社所有・管理のボイラーや炉、車両における燃焼からの排出、化学品を生成する工場内からの排出など。

Scope2(間接排出量)

自社が所有・管理する設備や支配する事業活動における、エネルギー使用に伴う間接的な温室効果ガス排出量です。

例)社外から購入した電力エネルギーの使用など。

Scope3(その他の排出量)

自社が所有・管理する範囲外のところで、サプライヤー等の事業者や製品ユーザー、廃棄物事業者など、自社の事業活動に何らかの形で関連する間接的な温室効果ガス排出量です。

例)サプライチェーンから調達する際の、原材料の輸送や物流において排出されるものや、流通・販売、製品の使用、廃棄・リサイクルに伴って排出されるものなどを含む。

 

GHGプロトコルにおける排出量算定・報告の原則

GHGプロトコルを採用する際には、実際、どのように温室効果ガス排出量を算定・報告するのでしょうか。ここでは主な原則についての概要をご紹介します。温室効果ガス排出量の算定・報告は、次の原則に基づいている必要があります。それは、妥当性、完全性、一貫性、透明性、正確性の5つです。

  • 妥当性

排出量の算定・報告を行う境界を定める際、適切に定義するということです。組織の構造などの事業特性やGHG 関連情報の利用目的とユーザーニーズによって決まります。

  • 完全性

境界が定められたら、その中で、理想はすべての排出量が報告されるべきということです。

  • 一貫性

一定の期間にわたって、比較が有意に行えるようにしなければならないということです。データの計算や提示方法について、同一のアプローチと実践を用いることで、一定期間における一貫性を保つことです。

  • 透明性

明確な監査結果に基づいて、客観的かつ首尾一貫した方法で、関連するすべての問題について言及することや資料を提示したりすることで、透明性を保持することが重要ということです。

  • 正確性

正確なデータであることです。例えば報告したGHG 排出量情報の完全性について合理性を保証するために注意を払うことが求められています。

 

GHGプロトコルを採用するメリット

GHGプロトコルの基準に沿って温室効果ガスを算定し、報告することにより、企業はどのようなメリットが得られるのでしょうか。GHGプロトコルを採用する主なメリットは次のことが考えられます。

  • サプライチェーンを含めた事業全体の排出量把握が可能に

近年、環境経営やSDGs推進など、企業は企業理念や事業そのものとして環境を配慮した活動が求められています。そのような中、GHGプロトコルを採用することで、まず自社と共にサプライチェーン全体を含めた温室効果ガス排出量の現状把握が可能になります。

  • 温室効果ガスの削減につながる

事業全体の温室効果ガス排出量の把握ができるということは、削減すべき対象が明確になるということです。地球環境への貢献という社会的責任を果たすことができるほか、経営視点でも良い方向に向かいます。

  • ESG投資を行う投資家などへのアピールにつながる

ビジネス的なメリットも見込めます。GHGプロトコルによるリスク管理と情報開示は、より信頼性を高めることから、ESG投資を行う投資家やパートナー企業へのアピールにつながることは間違いありません。

  • テュフズードはGHG関連の検証サービスをご提供

温室効果ガス排出量削減は、自社のみならず事業におけるサプライチェーン全体に渡って取り組むべき時代です。その削減を確実に実施していくために有用なのが、GHGプロトコルです。採用により、経営メリットのほかビジネス的な信頼性向上などのメリットも期待できます。

テュフズードでは、カーボンフットプリント(CO2排出量)検証サービスを行っており、一貫性のあるレポートを作成するために、GHGプロトコルとISO 14064-1の使用が確立されています。当社の温室効果ガス検証機関は2005年のEU域内排出量取引制度開始以来、検証および検証サービスを提供しています。検証済み定置型設備の15%以上の市場シェアかつ産業横断の実績を持つドイツ最大の検証機関であり、ISO 14065認定に基づき、企業のカーボンフットプリントや排出削減プロジェクトを含む、温室効果ガスの定量化、モニタリング、報告の検証および検証サービスの提供をしています。当社の専門家は、企業のカーボンフットプリントがこれらの規格に適合しているかチェックします。

詳細は以下のサービスぺージやブローシャーでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

>カーボンフットプリント検証サービスの詳細はこちら

 ブローシャー「温室効果ガス検証サービス」をダウンロード [PDF]

お問い合わせはこちら

もっと知る

ウェビナー

炭素国境調整メカニズム(CBAM)の基礎

現行制度のEU ETSと比較しながら、炭素国境調整メカニズム(CBAM)を理解するうえで重要となるポイントを解説。

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Site Selector