炭素国境調整メカニズム(CBAM)の基礎

ウェビナー

ウェビナー

2021年7月、欧州委員会が「炭素国境調整メカニズム(Carbon Border Adjustment Mechanism, CBAM)」の法案を公表しました。CBAMとは、EU域外からEUに輸入する、カーボンリーケージのリスクが高いとされる製品に対し、製品に含まれるGHG排出量の申告とその量によって定められる「炭素価格」の支払いが義務付けられるというものです。

公表された法案では、鉄鋼・セメント・アルミニウム・肥料・電力製品を対象に、2023年よりGHG排出量の申告が、2026年からは「炭素価格」の支払いが義務化されています。なお、CBAMに適用される「炭素価格」は、EU ETSで定められた炭素価格と連動する予定です。

このオンデマンドウェビナーでは、CBAMを理解するうえで重要なポイントを、現行制度のEU ETSと比較しながら解説します。鉄鋼・セメント・アルミニウム・肥料・電力製品メーカーの輸出業務を担当されている方におすすめの内容です。


ウェビナーの内容

  • 炭素国境調整メカニズム(CBAM)に至るまでの歴史
  • 現行制度のEU排出量取引制度(EU ETS)とは
  • EU ETSとCBAMの違い
  • CBAMの仕組み ー排出量の申告方法
  • CBAMの仕組み ー排出量の算出方法
  • CBAMの対象分野
  • CBAMの導入までにすべきこと

 

視聴時間:約20分

 

 

テュフズードジャパンのサステナビリティ関連サービスはこちら

次のステップ

Site Selector