CONSUMER PRODUCTS AND RETAIL E-SSENTIALS

CONSUMER PRODUCTS AND RETAIL E-SSENTIALS

Your regular update for technical and industry information

Your regular update for technical and industry information

USA:ベビーベッドの安全基準が改訂されました

MARCH 2023 - TOYS AND CHILDREN'S PRODUCTS

アメリカ合衆国消費者製品安全委員会(CPSC:the U.S. Consumer Product Safety Commission)は、任意規格であるASTM F406-22を非フルサイズ(non-full-size :NFS)ベビーベッドの新しい必須規格として受け入れ、16 CFR 1220に参考として組み込まれている規格の改訂を許可しました。改訂された規格1は、4月5日までに委員会が重要な反対意見を受け取らない限り、2023年6月3日に発効する予定です。

2022年12月のASTM F4062の改訂には、非フルサイズベビーベッドの安全性を向上させる任意規格の実質的な変更が2点含まれています。変更点のひとつは、コードとストラップの要求事項と試験を明確化することで気道の圧迫による窒息の危険に対処するものです。従来は付属品のみに適用されていたものを、適用範囲内の製品のすべての部品に一般要求事項として適用します。もうひとつの変更点は、任意規格の適用範囲を、遊び用、睡眠用、またはその両方として販売されるすべての非フルサイズベビーベッドへと拡大するものです。これにより、製造業者が「この製品の使用目的は遊び用だ」と述べて、自社製品を規格から除外しようとすることを防ぐことができます。

 

[1] Federal Register / Vol. 88, No. 43, 6 March 2023

[2] ASTM F406-22, Standard Consumer Safety Specification for Non-Full-Size Baby Cribs/Play Yards


 

ビジネスにどのような影響があるのか

お問い合わせはこちら

テュフズードは、消費者向け製品の開発および適用される規制への対応において、お客様を支援する専任の専門家を擁しています。テュフズードのグローバルネットワークを通じて、化学試験、物理試験、機械試験など幅広いサービスを提供し、ターゲット市場における製品のコンプライアンスを確保します。


 

次のステップ

Site Selector