Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

創業期

第1章:1866年 - 1900年

1888年 – 国際間取引協力

技術検査協会の考え方への支援は、ドイツの国境を越えて拡大し続けました。外国の団体の中には、ハノーバーに本拠を置くボイラー検査協会の組合(Verband von Dampfkesselüberwachungsvereinen」に加入しているところもありました。
そのため、ドイツの傘下は、1888年に国際ボイラー検査協会連合「(Dampfkessel-Überwachungsvereinen))と改称しています。政治は依然として国政のみを中心に展開していましたが、技術検査プログラムの先駆者は、安全性とは国境にとどまらないことを理解していました。

 

1881年 – 統一規格

1881年までには、ドイツの各地に蒸気ボイラー検査協会ができました。それでもなお、各専門家は本質的には適切な機能の定義を自ら判断することはできました。しかし、ドイツの蒸気ボイラー検査協会連合会(Deutscher Verband von Dampfkessel-Überwachungsvereinen)が1873年以来存在しているにも関わらず、ボイラーの安全性に関する拘束力のある基準はありませんでした。
1881年5月から6月にかけて、ボイラー建設時の材料検査について、ドイツ鉄鋼協会(Verin Deutscher Eisenhuttenleute)と合意しました。
事故の可能性を前もって最小限に抑えるため、ドイツ鉄鋼協会の基準により建築段階での技術点検を実施しました。さらに1884年にハンブルグでは、ボイラー本体の製造に使用される計算と同様の目的とガイドラインが設定されました。

 

1877年 - 独立した成功

BDRVのチーフエンジニアであるウォルサー・ガイスリングは、1877年度の報告書で過去5年間に協会が検査した1000台を超えるボイラーに爆発したものは無かったことを会員に対して快く発表しました。BDRV検査官と同時に配備された政府検査官は、このような成功率を達成するには至っていませんでした
ヴュルテンベルクでは、1875年にボイラー検査協会が設立され、独立技術検査機関が目覚ましい結果を報告しました。シュツットガルトに拠点を置く協会のエンジニア、ハインリッヒ・ベルメールは、1877年の彼の最初の年次報告書で過去12ヶ月の間に爆発の危険性に直結する172台を超える欠陥を改善したと報告しています。

 

1870年 - ババリアの検査協会

1869年12月6日、銅製造会社のアブラハム・リズマンはミュンヘンの「Polytechnischer Verein(工芸協会)」で演説を行いました。。観衆の中にはババリアで最も尊敬されている自然科学者や技術者も沢山おり、彼の取った講演は効果的でした
同社で3台の蒸気ボイラーを運転していたリズマン氏は、レニッシュ・ババリアンの蒸気ボイラー試験検査協会(Verein zur Prrufung undÜberwachung der Dampfkesel fur das dieshainische Bayern))の設立を提案しました。
設計技術者のカール・リンデ氏やビール会社の経営者ガブリエル・セドルマイル氏らは、この計画を実行するための委員会を早急に設立し、予定区域内の全てのボイラー事業者に送付する協会法案の書かれたパンフレットを発行しました。
このアイデアは、アウグスブルグ、バイロイト、ニューレンベルグ、ウルツブルクでも好評でした。1870年4月23日、ミュンヘンのイギリスカフェ(Englisches Caféhaus)のパビリオンで開かれた会議でババリアン蒸気ボイラー検査協会(BDRV:Bayerische Dampfkessel-Revisions-Verein)が設立されました。初代代表取締役は機関車製造会社の産業家、ジョーグ・クラウスでした。

 

1868年 - 初代技術専門家

1868年10月13日、29歳のエンジニアであるカール・イサンベルトがマンハイムに入社しました。彼はドイツの技術検査協会で初の常勤専門家となりました。
数日後、イサンベルトは最初の視察を行い、多くのボイラーが危険な欠陥を抱えている事実を目の当たりにしました。設備の安全性についての基本的な理解を持っていないボイラーのオーナーやオペレーターが大勢居ることが各所で発見されたため、イサンベルトはできる限りその場所へ支援に向かいました。1年後、彼はマンハイムの総会で協会の業績を振り返り、検査を受けたボイラーは一切爆発の危険性を示すことがなくなったことを立証しました。

 

 

 

 

 


1866年 – 創業

1866年1月6日、ドイツのバーデンにある22の会社が、マンハイムに拠点を置く蒸気ボイラーの検査・保険協会(Gesellschaft zur Ueberwachung und Versicherung von Dampfkesseln mit dem Sitze in Mannheim)を設立しました。
工場オーナー、カールセルバッハが創業当初の会長でした。 この協会の設立は、約1年前にマンハイムのアクティエンブラウエライ醸造所で発生した事故がきっかけでした。そこで使用した蒸気ボイラーのマントルに亀裂が生じ爆発が起こり、1人が死亡、数人が負傷しました。
訓練を受けた技術者は、その欠陥を容易に発見し、事故を防ぐことができましたが、定期的な検査は行われておらず、作業員はボイラーの危険性に精通していませんでした。本事故は単独ケースではなく、蒸気ボイラーの操縦者は急増しました。
バーデン大公国の政府および、影響を受けうる産業家らは、定期検査によって未然に事故を防ぐための査察協会の設立を支持しました。
この模範は成功し、マンハイム協会の設立はドイツにおける技術点検の誕生を記すものとなりました。

 

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa