Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

グローバル展開

第3章:1960年 - 2010年

2009年 - 排気ガス規制車のビジョン

VISIONS OF AN EMISSION-FREE CAR

技術検査協会は、最初の産業企業が設立されて以来、新技術のパイオニアとなってきました。
2009年、テュフズードはこの伝統を引き継ぎ、電気自動車のマーケット展開を支えています。テュフハンゼ社(2004年度以降)では電気自動車の詳しい点検カタログを発行しており、ミュンヘンのテュフズードではリチウムイオン電池搭載車を対象に、世界初のダイナミック衝突試験を実施しています。
2010年、テュフズードは完全電気自動車の第1回総点検を実施し、電気自動車の第1回EU全域認証を処理しました。2009年には、電気自動車用電池テストで世界トップクラスになることを目標に掲げています。
技術検査協会は、最初の工業企業が設立されて以来、新しい技術の先駆者となっています。
2009年、テュフズードはこの伝統を継承し、電動車両の市場展開をサポートします。 TÜVHanse GmbH(2004年以来グループの一部)は電気自動車の詳細な検査カタログを開発していますが、ミュンヘンのTÜVSÜDはリチウムイオン電池を搭載した自動車の世界初の動的衝突試験を設計しています。
2010年、テュフズードは完全な電気自動車の最初の一般検査を実施し、電気自動車の最初のEU全体の認証を処理します。 2009年、同社は電気自動車用バッテリーのテストで世界のマーケットリーダーになるという野心的な目標を設定しました。


2006年 - 国際的マイルストーン

INTERNATIONAL MILESTONES

元連邦経済大臣のマイケル・グロス氏の出席により、テュフズードは歴史上最大の買収を獲得しました。

2006年3月には、シンガポールを拠点とするPSBグループを買収しました。PSBは東南アジア、特にマネジメントシステムや製品テストの分野で主流であることから、この買収はアジアでの事業拡大の大きな節目と考えられています。

翌年、地理的にアジアの反対側に将来の基礎が築かれました。それは、テュフトルコであり、テュフズードとその2つの地域パートナーがトルコに200の自動車サービスセンターを設立しました。このアイデアは、2009年に始まった全国の登録自動車1,200万台について、(ドイツモデルに基づく)一般検査を可能にさせました。

元経済大臣のマイケル・グロースが出席し、テュフズードは会社史上最大の買収を完了しました。

2006年3月、シンガポールに本拠を置くPSBグループを買収しました。東南アジア、特に管理システムと製品テストの分野でのPSBの強固な地位を考えると、買収はアジアでのビジネス拡大の大きなマイルストーンと見なされます。

翌年、アジアの反対側に未来の基盤が築かれます。テュフズークの名前で、テュフズードとその2つの地域パートナーは、トルコに200の車両サービスセンターのネットワークを構築し始めます。このアイデアは、2009年から開始された国の1200万台の登録自動車すべての一般検査(ドイツモデルに基づく)を可能にすることです。


2001年 - 八角形

THE OCTAGON

テュフズードの青い八角形は、六角シールを持つ多くの自動車運転手を念頭に置き、1990年代末から医薬品に使用されてきました。
エンブレムは2001年に会社の公式商標(ロゴ)になりました。5年後、八角形に影を付けて三次元的な体裁になりました。
八角形も世界中で好評を得ました。8は西部では正の数であり、中国では幸運な数であると考えられています。英数字キーの電話機を見ると、文字「TUV」は数字「8」の上に現れています。
多くの自動車運転者に車両の六角形のステッカーを思い出させ、テュフズードの青い八角形は、1990年代の終わりから医療製品に使用されていました。
エンブレムは2001年に会社の公式ロゴになりました。5年後、八角形に影が追加された3次元の外観が与えられました。
八角形も世界中で好評を博しました。 8は西側では正の数、中国では幸運な数と見なされます。まだ英数字キー付きの電話を持っている人は、文字「TUV」が数字「8」の上に表示されているのがわかります。

 

1998年 - テュフズード、ウェブサイトを開設

TÜV SÜD GOES ONLINE

テュフズードがインターネット上にウェブサイトを立ち上げたのは1998年でした。:グループウェブサイト、tuev-sued.deは、専門のバーチャルサービスセンターと同時に立ち上げられました。

とりわけ、自動車所有者は現在、一般的な検査および排出物試験をオンラインで登録できるようになり、待ち時間が最小限に短縮できるようになりました。また、テュフアカデミー(1986年設立)が提供するセミナーも、オンラインで予約することができるようになりました。

多くの企業が自社のウェブサイトを名刺代わり使用した時代に、テュフズードは、現在のディジタル領域を取り巻くインターネットの双方向性を活かしてきました。

TÜVSÜDのWorld Wide Webでの存在は1998年に始まりました。グループのWebサイトtuev-sued.deは、専門の仮想サービスセンターと同時に開始されました。

とりわけ、自動車の所有者は、待機時間を最小限に抑えるために、一般検査と排出ガス試験に登録することができました。テュフアカデミー(1986年設立)が提供するセミナーもオンラインで予約できるようになりました。

多くの企業が自社のウェブサイトを強化された名刺として使用していた時代に、テュフズードは今日のデジタル領域を支配するインターネットのインタラクティブな可能性を利用しました。


1996年 - テュフズード設立

TÜV SÜD IS FORMED

8,500人の従業員と14億ドイツマルク(当時の法定通貨)の年間売上高がある、ドイツ最大の技術検査協会が設立されました。
1996年1月1日、テュフ・バイエルンとテュフ・スウッドウエストは、テュフ・スウッデューシュランドAG(2005年よりテュフズードAGと呼ばれる)を創設しました。同年3月の会員総会決議に基づき、テュフ・ヘッセンは新会社の一部となりました。
新設株式会社の最高経営責任者(CEO)であるカール・ユーゲン・ベッカー博士は、今後も特に海外を中心に会社を拡大していきたいと考えていました。
当社の戦略は、セキュリティ関連サービスでNo.1になることです。これにより、お客さまの競争優位性を提供するパートナーとして、お客さまに支持いただけるよう尽力してまいります。ギュンター・ハフナーは、新組織の画期的な法的構造を創造する上で決定的な役割を果たしました。


1991年 - アジアと米国

ASIA AND USA

製品サービスは、海外事業のさらなる発展をもたらしました。ドイツの成長と並行して、アジア初の子会社が香港、日本、台湾に設立されました。

同時に、北米、カリフォルニア州、マサチューセッツ州、オレゴン州にテュフプロダクトサービス、サンディエゴ州にエマコプロダクトサービス(株)を子会社として設立しました。

 


1990 - RE-FOUNDING AND MERGERS

RE-FOUNDING AND MERGERS

In March 1990, former employees of East Germany’s Office for Technical Inspections re-established the “Sächsische Überwachungsverein” (Saxon inspection association), which had originally been founded in Chemnitz in 1878, under the name TÜV Chemnitz (later known as TÜV Sachsen).

The re-establishment was supported by TÜV Bayern, and both sides worked towards a merger, which took place in 1992. In 1990, the year of Germany’s reunification, TÜV Baden and TÜV Stuttgart went through the same process, with TÜV Südwest emerging from the merger of the two inspection associations – a reality long sought by businesses and policymakers.


1989 - TÜV PRODUCT SERVICE GMBH

TÜV PRODUCT SERVICE GMBH

In a memo drafted under the leadership of Wolfhart Hauser, TÜV Bayern proposed the idea of “worldwide approval” in 1988. The concept was met by scepticism, even within the company, but Hauser was not to be deterred.

He encouraged the German TÜV entities to jointly found an organisation that will be active outside of traditional monitoring fields in the private sector. Its intent was to provide international companies with a unique service so that they can market their products worldwide with just one single certification partner.

The concept was decisively promoted by Prof. Dr.-Ing. Karl Eugen Becker, who, since 1983, had headed and modernised TÜV Bayern with great success. This paved the way for the founding of TÜV Product Service GmbH, which went into operation in 1989 as a joint venture of TÜV Bayern, Hanover and Hessen.


1983 - NEW HEADQUARTERS IN MUNICH

NEW HEADQUARTERS IN MUNICH

After 80 years, TÜV Bayern left the association building on Kaiserstrasse in Munich’s Schwabing area and moved into a new headquarters on Westendstrasse, the location of the corporate head office of TÜV SÜD today. At the same time, a modern testing centre was inaugurated on Ridlerstrasse nearby.

The aim of the move was to convey a culture change in terms of enhanced customer support. 


1980 - STANDARDIsED TRAINING

 STANDARDIsED TRAINING

In 1979, the TÜV Baden, Bayern, Saarland and Stuttgart organisations decided to found a TÜV training academy in the south of Germany.

The centre opened its doors on January 1, 1980, and it was soon evident that standardised training and continuing education had many advantages.

The seminar participants mutually benefit from their respective experiences and the shared classes helped dispel regional biases.


1977 - SAFETY-TESTED

SAFETY-TESTED

A ski binding is a remarkably sophisticated but delicate product. Design errors or production defects can result in fatal accidents. However, how can users be provided with guidelines when reliable quality inspections require a measurement laboratory and in-depth knowledge in the field of sports medicine?

It was a question resourceful TÜV Bayern employees asked themselves, particularly as they had taken up the cause of advocating “consumer safety.” The Federal Ministry of Labour came up with the idea of a generally recognised seal for “certified safety” (Geprüfte Sicherheit – GS).

The concept is not new, but all previous attempts to establish a comprehensive certification seal failed due to a lack of agreement between various industries, associations, testing institutes and policy-makers.

This time, however, the initiative was successful: In the winter of 1977–78, the GS logo was placed on hundreds of thousands of skis in West German stores. Soon, the “TÜV stickers” for motor vehicles became a familiar sight to consumers.


1969 - FIRST SUBSIDIARY

 

FIRST SUBSIDIARY

While TÜV was publicly seen as providing vehicle inspections and expert consulting services for industrial plants, activities that took the burden off the government, TÜV still often remained invisible in the private sector.

Nevertheless, at the end of the 1960s, and for the first time, TÜV Bayern laid the groundwork for business models on an open, unrestricted market, which is how TÜV SÜD operates today.

In 1969, the association purchased Elektroberatung Bayern GmbH (EBB), which was created as a consulting agency for the electrification of Bavarian agriculture in 1926. With this acquisition, via a subsidiary, a German TÜV became part of the competitive market.


1964 - BUSINESS ABROAD

 

BUSINESS ABROAD

Even in the 1960s, there were reasons for expanding the business beyond Germany and Europe.

TÜV experts were called upon from abroad on a regular basis to assist with explaining technical defects, especially when the affected facilities were supplied by German companies.

In 1964, for example, TÜV Bayern experts travelled to South Africa to investigate an accident involving a cable car.

TÜV Baden experts regularly went to France to generate sample reports for vehicles that were intended for import to West Germany.

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa