UV-C試験

非金属材料へのUV-C照射影響試験

非金属材料へのUV-C照射影響試験

UV-C検査とは

 

紫外線(Ultraviolet:UV)は、その波長によって3つに分類されます:波長が320nm~400nmのUV-A、280nm~320nmのUV-B、100nm~280nmのUV-Cです。UV-Cは、紫外線の中で最も波長が短くエネルギーが大きいため、強力な殺菌や消毒効果を得ることができます。パンデミック時の衛生や除菌の重要性の高まりから、UV-Cの除菌機能が注目されています。そのため、近年発売された家電製品、照明機器、一般消費財、医療関連機器など多くの製品のランプやレーザーにUV-C機能が搭載されています。

テュフズードのUV-C試験では、製品に使用されている非金属材料に対するUV-Cの影響を評価します。(IEC/EN 60335-1 Annex T)

 

 

なぜUV-C試験が重要なのか

 

UV-Cは、ほとんどの素材にして太陽光よりもはるかに有害であり、製品の欠や故障のリスクを高めます。そのため、UV-C照射前後の材料特性を比較、測定することで、製品を構成する材料への影響を評価することが重要です。また、UV-C照射機能を持つ製品は、この試験に合格しなければCB認証やCE 適合証明(AoC)は取得できません。

 

 

テュフズードのUV-C試験サービス

 

テュフズドのUV-Cは、家電製品の安全要求事項(IEC 60335-1:2020)に基づき、非金属材料へのUV-C照射影響を評価します。これは、プラスチックなどの非金属材料がUV-Cに長時間さらされた後、製品の安全性に影響を与えるような機械的・電気的特性の変化が起きたかを検証するものです。機械的サポートや耐衝撃性を与える非金属材料の特性や試験方法については、下表をご参照ください。

 

 試験対象部品 特性 試験方法に関する規格 試験後の最小保持量
 機械的な補強をする部品  引張強度  KS M ISO 527 シリーズ  70%
 曲げ強度  ISO 178  70%
 耐衝撃性を補強する部品  シャルピー衝撃  ISO 179-1  70%
アイゾット衝撃
 ISO 180  70%
 引張衝撃  ISO 8256  70%

*機械的支持を提供する部品は引張強度または曲げ強度いずれかの試験に合格すること

*耐衝性をえる部品は、シャルピー衝撃、アイゾット衝撃または引張衝撃のいずれかの試験に合格すること。

*試験後、UV-C照射前の70%以上の機械的および電気的特性を保持していること。

 

テュフズードはUV-C試験の世界的エキスパートです

 

テュフズドは、グロバル市場におけるUV-Cにおいて豊富な経験を有しています。当社のUV-C試験は国際的に認知されているIEC/EN 60335-1の試験範囲に従って実施しています。この試験を通して欧州市場への参入に必要なCB認証とCE適合証明(AoC)を取得することができます。

当社の専門家は、UV-C試験に関連するIEC規格の変更に関する最新情報を保有しており、関連する要求事項を満たすためにお客様をサポートします。当社は、最新の試験規格に基づきUV-C試験を実施しています。

当社は高性能な試験設備に投資して、最新モデルの「UV促進対抗試験機」を保有しているため、製品のUV-C試験に対して高い耐性を証明することができます。

UV-C試験に関するご相談・お問い合わせはこちら

 

もっと知る

テュフズードジャパン
ホワイトペーパー

米沢試験所のご紹介

テュフズードジャパンの米沢試験所は、国際的に認められたISO/IEC 17025認定試験所です。お客様のご希望時期に柔軟に対応できるサポート体制を整えており、全国から試験のご依頼をいただいています。

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Site Selector