Choose another country to see content specific to your location

//Select a site

ISO 22301

事業継続マネジメントシステム認証

事業継続マネジメントシステムは、地震や火災、新型インフルエンザといった自然災害、人的災害、取引先の破綻、システム障害等の脅威が発生した場合等、様々な環境の変化に対して業務の中断・阻害後に対応して事業を復旧し、再開し、あらかじめ定められたレベルに回復する手順を効率的、効果的に維持改善することを目的として構築されました。

事業継続マネジメントシステムについては、英国規格BS52999-2に基づいて認証審査されておりましたが、2012年5月15日に国際規格ISO22301が発行され、BS52999からISO22301へ移行しました。

計画、実行、点検、処置というPDCAモデルにより、災害規模の大小に関わらず、製品及びサービスを継続して供給するためのフレームワークを提供しています。規格は以下により構成されています。

  • 計画(Plan):組織の状況、リーダーシップ、計画、支援
  • 実行(Do):運用計画及び管理、事業影響分析及びリスクアセスメント、事業継続戦略、事業継続手順の確立及び導入、演習及び試験の実施
  • 点検(Check):パフォーマンスの評価
  • 処置(Action):改善
 

ISO 9001プロセスフロー


 

ISO22301 認証取得のメリット

サプライチェーンの中で、製品やサービスの中断リスクを低減する取り組みを行っているというプレゼンスを獲得するとともに、組織にとっては、重要な資産を守り、事業への影響を最小限に抑えることを可能にします。

 

もっと知る

ISO 22301
インフォシート

ISO 22301 事業継続マネジメントシステム認証

サービス内容をご紹介するリーフレットです。どなたでもダウンロードいただけます(登録不要)。

詳細はこちら

リソースセンターへ

次のステップ

Site Selector

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa