ポイズンセンター届出(PCN)に関するフォローアップウェビナー

基礎的な情報、適用範囲、必要な準備から最新の情報まで

基礎的な情報、適用範囲、必要な準備から最新の情報まで

内容:

2017年に欧州委員会が定めたCLP規則の改正に伴い、新しい毒性情報センター届出(Poison Centre Notification, PCN)*制度が2021年1月1日から強制適用されています。

これにより、危険有害性を持つ混合物の供給者は、各国の毒性情報センターに混合物の危険有害性や組成などの情報を提出することが義務付けられました。消費者用と業務用混合物はPCNがすでに適用されておりますが、2024年1月1日からは、工業用混合物のPCN強制適用が開始されます。

本セミナーでは、専門家がポイズンセンター届出に関する基礎的な情報から適用範囲、必要な準備について最新の情報を元に詳細に解説します。

 

日程:

(第1回)2023年 8月 25日(金)13:00 - 14:30   ※受付終了しました

(第2回)準備中

 

対象者:

物理化学的危険性、及び健康有害性を持つ混合物製品の欧州向け輸出を実施されている、または今後輸出を検討されているご担当者様

 

開催方法:

ライブウェビナー形式、Q&Aあり

 

プログラム:

  • PCNの概要(30分)
  • PCN届出サービスについて(60分)

 

講師:

さがみ化学物質管理株式会社 林 宏氏

テュフズードジャパン株式会社  ケミカルエキスパート 邱 亮達

 


 

関連リンク

ポイズンセンター届出(PCN)に関する解説ページはこちら

次のステップ

Site Selector