Food safety seminar

FSSC 22000 第6版 食品安全文化 eラーニング

テュフズードインフォサービス

テュフズードインフォサービス

オンデマンドWEBセミナー(eラーニング)

(Local Program -食品安全関連-)


FSSC 22000 第6版 追加要求事項 シリーズ


食品安全文化 勉強会 【FD-02】

効果的なプラン構築と運用のためのロジカルアプローチ
~ 組織文化の評価による文化育成とは?~


 <概要>

効果的な食品安全文化育成のためのアプローチを、食品安全文化に影響する組織内の様々な要素とその評価方法等を具体的な事例を通してご紹介していきます。

食品安全文化という言葉が SQF や JFS-C 等を含むグローバル食品安全規格の中で取り上げられるようになって数年が経ちました。そのような中、2023年 4月に FSSC 22000 第6版(Version 6) が公開され、今回追加される要求事項の中で FSSC 22000 においても新たに“食品安全文化”という言葉が明記され、組織に求められる具体的な対応が示されることとなりました。

しかし食品安全文化に関わる具体的な取り組みについて、トレーニングやコミュニケーション関係以外に、具体的なイメージを持って運用されている組織様は少ないのではないでしょうか?

実際、現在国内で公開されている食品安全文化に対するガイドラインは GFSI の公開している見解書等大変限られた物しかなく、グローバルスタンダードで期待されている実際の運用のイメージを掴みづらい状況となっています。

本コースはトレーニングやコミュニケーション、時として精神論的な内容にも波及しがちな食品安全文化に対する取組みに対し、有効な組織文化を確実に育成していく仕組みをロジカルに構築するためのアプローチのヒントを、食品工場で見られる具体的な事例も踏まえて紹介していきます

 

<講座概要>

- 食品安全文化とは?
- 食品安全文化へのアプローチ
- 食品安全文化に対する評価とは?
- 食品安全文化を育成していくプラン運用とは?
 

<講座時間>

解説: 51分46秒
 

<受講期間>

1ヶ月間
( 受講期間中は、何度でも繰り返し受講いただけます。)
 

<受講証明書>

理解度テストに合格すると、受講証明書が発行されます。
証明書はオンライン上で授与されますので、修了後即座にダウンロードしてご入手いただけます。
 

<費用>

7,000円(税込み)
※上記は1名あたりの価格となります。
 

<受講対象者>

FSSC 22000, SQF, JFS-C 等の認証を取られているサイトで FSMS の管理を担当されている方
・食品安全規格認証の取得のための準備を進められている方
・グローバル食品安全規格を学ばれている方

 

受講申込へ

 

お問合せ

Site Selector