EMC

受託試験サービス(テクノパーク高津)

エキスパートがサポートする試験サービスをリーズナブルな価格で提供

エキスパートがサポートする試験サービスをリーズナブルな価格で提供

第三者認証機関による製品試験は、事業者以外の客観的な立場から製品の安全性・適合性を評価することで製品に関する様々なリスクを防ぎ、お客様のグローバルなビジネス展開をサポートするものです。

受託試験(依頼測定)とは、製品の品質試験の形態のうち、お客様が試験所に製品を預ける形態を指します。そのほかの形態としては、お客様自身が試験所に赴く立会試験や、試験エンジニアなどがお客様指定の場所に赴く出張試験(オンサイト試験)、オンラインによるリモート立会試験があります。

新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに、試験所に赴く必要が無い受託試験やリモート立会試験のニーズが高まるようになってきました。

 

テュフズードの受託試験サービス

VCCI試験
VCCI協会による自主規制であり、会員は自社のマルチメディア機器に対して日本国内への出荷に先立ちエミッション(妨害波)規格への適合確認試験を行います。マルチメディア機器は使用される環境によってクラスA機器、クラスB機器に分けられます。
会員は自社のMMEが協会の定める技術基準の許容値に適合していることを確認しておかなければなりません。

J55032試験
電気用品安全法では定められた技術基準に適合する必要があります。J55032は電気用品安全法の別表十二において国際規格に準拠した基準で、マルチメディア機器の電磁両立性ーエミッション要求事項です。この基準は、DC又はACの定格電源電圧の実効値が600Vを超えないマルチメディア機器(事務用印刷機、自動販売機、複写機等)に適用されます。

 

テクノパーク高津の受託試験サービス(EMC試験)の特徴

テュフズードジャパンは米沢試験所(山形県米沢市)と東京試験所(東京都品川区)では立会試験と受託試験を、米沢試験所では 2020 年 3 月より
モート立会試験サービス
を提供してきましたが、2022 年 5 月よりテクノパーク高津(神奈川県川崎市)においても受託試験サービスを提供開始しました。

1.リーズナブルな価格で提供

・ご利用料金: 23,500円(税抜) /時間

*時間は試験内容により変わります。詳細はお問い合わせください。


2.エキスパートによる丁寧なサポート体制

・テュフズードジャパンは20年以上にわたり、国内において開発初期段階からのEMC対策に携わってきました。
・豊富な実績を持つテュフズードのエキスパートが、試験サービスはもちろん、試験前後も丁寧にサポートします。


3.VCCI登録の認定試験

・日本国内において、電気電子機器等から発生する電磁妨害波を自主規制するVCCIに登録された認定試験所。
・VCCIの正式試験および正式レポートの発行が可能です。

VCCI  試験所登録リストへ(外部サイト)

 

その他:

  • サンプルは動作確認並びに不足品等の確認のため、事前の発送連絡の上、3営業日前までに要到着
  • 試験実施に際して、EUTとの接続方法や操作手順などの動作手順書を提出いただきます
  • オンラインを利用したトラブル対応は不可

テクノパーク高津での試験に関するお問い合わせはこちら

 

テクノパーク高津へのアクセスはこちら

 

米沢試験所の受託試験の詳細はこちら

もっと知る

TÜV SÜD Greater China Shanghai EMC Laboratory
オンデマンドウェビナー

EMCノイズ対策の基礎

本ウェビナーでは、EMCノイズ対策のアプローチ手法や実機での対策に有効なメソッドについて、実例を交えて解説します。

詳細はこちら

ホワイトペーパー

ノイズ問題発生時の スムーズな原因特定方法 ーEMCノイズ対策

EMCノイズ対策へのアプローチとして、ノイズ発生の原因を探る方法や情報を全13ページにわたって解説。

詳細はこちら

テュフズードジャパン
ホワイトペーパー

米沢試験所のご紹介

テュフズードジャパンの米沢試験所は、国際的に認められたISO/IEC 17025認定試験所です。お客様のご希望時期に柔軟に対応できるサポート体制を整えており、全国から試験のご依頼をいただいています。

詳細はこちら

TL 9000 Quality management system telecommunications
ブログ

5G(第5世代移動通信システム)とは

技術基準適合証明および工事設計認証サービス

詳細はこちら

次のステップ

Site Selector