industrial robot

産業用ロボット設備に活用できる機能安全講習会

ISO 13849-1、ISO 10218-2の更新についておよび、産業用ロボット向け機能安全の北米における最新動向

ISO 13849-1、ISO 10218-2の更新についておよび、産業用ロボット向け機能安全の北米における最新動向

セミナー概要

内容:
一般社団法人 日本機械学会主催のセミナーに、テュフズードの機能安全のエキスパートが登壇します。2023年は、機能安全に関わる2つの大きな規格の更新があります(産業機械の安全回路設計の基礎となるISO 13849-1、協働ロボットを含む産業ロボットを使用した設備の安全規格ISO 10218-2)。本内容や機能安全の最新動向について、欧州および北米の認証機関3社と、ロボット設備のリーディングカンパニーからエキスパートが集い解説します。

日程:2023年7月28日(金)10:00-17:00

対象者:
・製造業の新入社員の方々(安全の基礎および技術者倫理の教育機会として)
・製造業の中堅、シニア技術者の方々(安全技術再確認および内省の機会として)

開催方法:集合型講習会

会場:日本機械学会事務局第1会議室 (〒162-0814 東京都新宿区新小川町4番1号 KDX飯田橋スクエア2階)

プログラム:

  1. ISO 13849-1 概要 旧版べース : テュフズードジャパン
  2. UL 機能安全 北米市場の機能安全: ULジャパン
  3. SISTEMA ISO 13849-1旧版べース: デンソーウェーブ
  4. ISO 13849-1 改定の話 : テュフラインランド
  5. ISO 10218 改定の話:デンソーウェーブ
  6. Overall Q&A

お申込みはこちらから

※主催者である一般社団法人日本機械学会のウェブページ(外部サイト)からの申し込みとなります

次のステップ

Site Selector