News Listing

ホワイトペーパー「IoT サイバーセキュリティの脅威と規制」を無料公開

02.08.2022

本書では、消費者向けのIoT機器(CIoT)においてサイバーセキュリティが重要となる理由や、製造業者が直面している課題、そして適用規格や各国認証(GMA)に関する情報を解説しています。

IEC 62443ファウンデーション資格認定試験の合格者ウェブサイトを公開

11.07.2022

テュフズードジャパンは、産業用制御システムのサイバーセキュリティ人材を認定する「IEC 62443 ファウンデーション資格認定試験」の合格者ウェブサイトを新たに公開しました。2022年3月の開始以降、32名の方が本資格を認定されています。

ハイセンス社のスマートエアコンにETSI EN 303 645 AoCを発行

05.07.2022

テュフズードは、中国大手家電メーカーのハイセンス社が製造するスマートエアコンに対し、コンスーマー向けIoT製品のサイバーセキュリティ規格「ETSI EN 303 645 AoC」を発行しました。これは、ハイセンス社が製品のサイバーセキュリティを確保し、個人情報保護を強化し、消費者とのデジタルな信頼関係を構築することに尽力していることを示すものです。

IEC 62443ファウンデーション資格認定コースを受付開始

16.06.2022

テュフズードジャパンは、産業システムサイバーセキュリティ分野の中核人材育成プログラム「IEC 62443ファウンデーション資格認定コース」を受付開始しました。2022年8月1日(月)~2日(火)にトレーニングを、8月3日(水)に試験を実施し、合格された方には資格証明書を発行します。

IoT機器等のサイバーセキュリティに関する新たな法的要件追加のお知らせ  ーIoT機器を含む大半の無線機器が、欧州RED委任規制の対象に

22.02.2022

IoT機器や産業用制御システム等の大半の無線機器が、そのサイバーセキュリティに関して欧州RED委任規制2022/30の規制対象となります。移行期間は30カ月あり、2024年8月1日から対象の無線機器に所定の義務が適用されます。

産業用制御システムのサイバーセキュリティ(IEC 62443)ウェブページリニューアルのお知らせ

17.02.2022

テュフズードジャパンは、産業用制御システムのサイバーセキュリティ(IEC 62443)のウェブページをリニューアルしました。ウェブページでは、IEC 62443の関連ニュース、オンデマンドウェビナーやホワイトペーパーなどのナレッジサービスのほか、テュフズードジャパンが提供する各種サービスを包括的に紹介しています。

フエニックス・コンタクト社に産業用制御システム向けサイバーセキュリティ認証 IEC 62443を発行

25.01.2022

テュフズードは独フエニックス・コンタクト社のPLC制御装置に対し、サイバーセキュリティ認証 IEC 62443-4-1, IEC 62443-4-2を発行しました。IEC 62443シリーズは、工場やインフラの制御用システムをサイバー攻撃から保護する対策として、国際的に実証・運用されている認証です。

テュフズード:2022年 サイバーセキュリティートレンド

26.11.2021

サイバー犯罪者は2021年を契機に、「ランサムウェアなどのサイバー攻撃ツールに、テクニカルサポートを付けて販売する」というサービス業に立ち位置を変え、Cybercrime-as-a-Service (CaaS)という新しい分野に活動を広げています。企業、産業界、行政は、この新たなリスクに向けたサイバーセキュリティ対策に取り組む事が急務です。こうした状況をふまえ、テュフズードのセキュリティ専門家が2022年のサイバーセキュリティのトレンドを予想しました。

TÜV SÜD offers quality management training for AI applications

29.09.2021

Applications based on artificial intelligence (AI) are becoming increasingly common, both among private customer and in a growing number of businesses.

IAA Mobility Press Conference 2021

06.09.2021

TÜV SÜD at IAA Mobility

次のステップ

Site Selector