ニュース・メディア

2022年9月28日

日本AM協会提供 オンライン研修 10月開催講座のご案内(受託:テュフズードジャパン)

テュフズードジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:アンドレア・コシャ)は、一般社団法人 日本AM協会が提供する、AM専門の人材教育プログラムを受託しています。 10月は、オンライン研修  2講座  【ISO/ASTM DIS 52920 解説】、【ISO/ASTM TS 52930:2021 解説】 を開催します。 

テュフズードジャパンは、品質保証を前提とするAM製品の調達および製造を実現に向けた人材教育(eラーニング講座・オンライン研修)・支援・AM製造サイト認証(ISO/ASTM 52920準拠)・AMサプライヤー選定/監査員養成支援のサービスを通じて、AMサプライチェーンの発展に貢献しています。

AM人材教育プログラムの詳細・お申込みはこちら(日本AM協会のサイトへ)


一般社団法人 日本AM協会 オンライン研修 9月開催の講座 (受託 テュフズートジャパン):

ISO/ASTM DIS 52920(適格性評価の基本原則 – AM製造サイトに対する要求事項)解説 (オンライン開催 TEAMS)

日時: 2022年10月18日(火)13:00-17:00 (合計4時間)

対象: AM製品の製造者 および AM製品の調達者における 製造・品質

 
国際標準規格 ISO/ASTM DIS 52920 は、ISO/ASTM 52900 で定義されたすべてのAM技術を対象とし、製造工程全体を通じて品質変動要因とその管理を規定し、品質保証のためにAM製造サイトに求められる事項を定義しています。
 
品質保証されたAM関連プロセスの導入、品質の一貫性・再現性の保証により、顧客の信頼獲得、製造者と購入者における品質保証契約の効率化(例. 第二者監査の代替)などの活用メリットが期待できます。
 

 

ISO/ASTM TS 52930:2021(PBFレーザー金属 AM装置の適格性評価)解説(オンライン開催 TEAMS) 

日時: 2022年10月19日(水)13:00-17:00 (合計4時間)

対象: PBFレーザー金属AM装置:AM製品の製造者(製造・品質)/ メーカー・販社(技術支援)

紹介動画はこちら

AMプロセスバリデーションおよびその中でのPBFレーザー金属 AM装置に関する適格性評価(IQ/OQ/PQ)の概要、この規格の使い方などについて説明します。AM装置ユーザーは、AMの品質保証において、装置に求める要件と評価方法を理解できます。AM装置メーカーおよび販社は、装置の販売後、お客様が何をどう評価するかにあわせた技術サポートの要所を理解できます。


関連リンク

一般社団法人 日本AM協会提供 AM人材教育プログラム (受託 テュフズートジャパン) 

一般社団法人 日本AM協会提供 eラーニング講座 (受託 テュフズートジャパン)

テュフズード AM品質保証対策支援サイトはこちら

本件に関するお問い合わせはこちら ※お問合せ分野は 「AM(積層造形/3Dプリンティング)」 を選択ください。

次のステップ

Site Selector