ニュース・メディア

2022年10月6日

テュフズードジャパン、オムロン株式会社にIEC 62443ファウンデーション資格認定コースを提供

プライベート・トレーニングコースを提供開始

国際的な第三者認証機関であるテュフズードの日本法人テュフズードジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:アンドレア・コシャ)は、オムロン株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長CEO:山田 義仁)に対し、産業システムのサイバーセキュリティ人材を認定するIEC 62443ファウンデーション資格認定コースを提供しました。また、同認定コースをプライベート・トレーニング形式でも提供開始しました。

企業にとってセキュリティ対策は単なるテクノロジー上の問題に留まらず、コーポレートガバナンス上の課題でもあります。現在欧州や北米で注目されているのが、工場のインフラや制御システムをサイバー攻撃から守るために開発された国際規格である、IEC 62443シリーズ*です。テュフズードジャパンは、IEC 62443の導入から認証に至る各種関連サービスを提供しており、2022年3月からは「IEC 62443ファウンデーション資格認定コース」を国内で提供開始しています。

このたびテュフズードジャパンは、オムロン株式会社(以下、オムロン社)に対し、2022年5月にIEC 62443ファウンデーション資格認定コースを提供しました。本コースは通常オープンセミナーとして実施していますが、今回はオムロン社向けのプライベート・トレーニング形式で提供しました。

同資格認定コースは、テュフズードのグローバルセキュリティチーム監修による最先端のトレーニングコンテンツを用いて、OTセキュリティの基礎知識の習得を目指すものです。また、IEC 62443のセキュリティコンセプトおよび規格要求事項を理解していることを証明する資格認定試験を実施します。試験合格者にはファウンデーション認定資格が付与され、OTセキュリティのパスポート(個人資格)として利用可能です。

小澤克敏様(オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー アドバンスドソリューション事業本部 プラットフォーム開発部部長)は次のようにコメントしています。

「お客様からのセキュリティ要求も高まっており、弊社が提供する製造現場のデータ活用サービス“i-BELT”において開発するシステムでもセキュリティ強化の取組が必要と考えています。取組の第一歩として、OTセキュリティならびにIEC62443の基礎知識を習得できるトレーニングを提供いただき、理解を深めることができました。今後もIEC62443認証取得を目指すなど、セキュリティ面でも“i-BELT”の価値を向上することで、引き続きお客様にとって安全・安心で魅力的なサービス提供を加速させていきます。」

テュフズードジャパンは、定期的なオープンセミナー形式による「IEC 62443ファウンデーション資格認定コース」に加え、プライベート・トレーニング形式でも随時提供していきます。プライベート・トレーニングのため、お客様は社内の資格制度などに取り入れることも可能です。テュフズードジャパンは、今後も企業のセキュリティ人材育成を確実にサポートしていきます。

 

*IEC 62443とは

産業用制御システムセキュリティの国際標準規格です。各種セキュリティガイドラインの参照規格として活用されるなど、産業システムのサイバーセキュリティの標準規格として広く認知されています。アセットオーナー、システムインテグレーター、IACSコンポーネントデバイスメーカーなど、制御技術を形成するステークホルダーごとに組織プロセス、制御システム、制御機器に必要とされるセキュリティ対策を網羅しています。テュフズードジャパンはこのIEC 62443のトレーニングから認証までのサービスを提供しています。

詳細はこちら

 

Add value. Inspire trust. ―新たな価値、さらなる信頼

テュフズードは、安全、安心、かつ持続可能なソリューションを提供し、信頼されるパートナーであり続けています。試験、検査、認証、そして監査を専門とし、人々や環境、財産をテクノロジーのリスクから守るという理念のもと、1866年以来取り組み続けています。全世界に1,000以上の拠点を置き、25,000以上の従業員と共に活動し、リスク管理や市場へのアクセスを円滑にするという価値をお客様やパートナーに提供しています。テクノロジーの進歩によりもたらされる変化を手助けし、自然界・デジタル界においてより安全かつ持続可能な未来を創造するため、テュフズードはこれからも信頼を提供し続けます。https://www.tuvsud.com/ja-jp

 

<オムロンについて>

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、ヘルスケア、社会システム、電子部品など多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。お客様の製造現場を革新するソリューションやサービスを通じて、持続可能な社会を支えるモノづくりの高度化に貢献しています。詳細については、https://www.omron.com/jp/ja/をご参照ください。

次のステップ

Site Selector