ニュース・メディア

2022年11月25日

テュフズード、サムスン社製スマートテレビにIoTセキュリティETSI EN 303 645認証を発行

国際的な第三者認証機関であるテュフズードグループのテュフズード韓国は、2022年11月22日、サムスン電子のスマートテレビ 224機種に対し、ETSI EN 303 645認証を発行しました。ETSI EN 303 645は欧州のセキュリティ規格で、IoT機器におけるサイバー攻撃から消費者を守るために定められたものです。

あらゆる「モノ」がネットワークにつながるIoT時代が本格的に広まると同時に、IoT機器のセキュリティ対策の法制化も進んでいます。テュフズードはサイバーセキュリティ試験および認証のエキスパートとして、欧州におけるサイバーセキュリティ規格開発に携わっており、各種規格に則ったサービスやトレーニングを提供しています。

このたびテュフズード韓国は、サムスン電子のスマートテレビNeo QLED 4KおよびQLED 4Kモデル(欧州で発売したQ70B、Q80B、QN85B、QN90B、QN95Bの224機種)に対し、ETSI EN 303 645認証を発行しました。ETSI EN 303 645とは、Consumer IoT機器に対し、欧州電気通信標準化機構(ETSI)が定めた欧州サイバーセキュリティ規格です。

本規格は様々なConsumer IoT機器におけるサイバー攻撃から消費者を保護するために設計されており、追加保護のための機器、通信および個人情報に関する要件を含んでいます。今日、スマートテレビをはじめとするIoT機器は生活に欠かせない存在であり、Consumer IoT機器のサイバーセキュリティは、ユーザーの個人情報やプライバシーの安全性を確保するための最も重要な要素の一つです。

EN 303 645認証取得のためには、IoT機器がETSIのセキュリティ基準に準拠していることを証明し、かつテュフズードの徹底した情報セキュリティ試験と認証に合格する必要があります。サムスン電子は本認証の取得により、自社のスマートテレビがサイバーセキュリティのリスクと露出から保護されていることを消費者に保証することができるとともに、その保証体制のレベルアップを図ることができます。

サムスン電子のヨンジェ・キム氏(Executives Vice President, Visual Display Business)は次の通り述べています。「欧州の厳しいサイバーセキュリティ基準をパスしたことで、サムスンのスマートテレビの技術的優位性を再び示すことができたと思います。当社のスマートテレビはコネクテッドホームのハブとなり、消費者がよりスマートなライフスタイルを実現するために、IoT機器をより自由にコントロールできます。これらのスマートデバイスを設計する際には、セキュリティを最重要事項とすることがこれまで以上に重要になっています。この認証は、当社のエンジニアがあらゆる段階でセキュリティを優先したことを消費者に保証するものです。」

 

*本プレスリリースは、テュフズード韓国のプレスリリースを翻訳したものです。原文はこちら

 

テュフズードジャパンのIoT機器のサイバーセキュリティサービスはこちら

次のステップ

Site Selector