ニュース・メディア

2022年5月13日

テュフズードより、新会長就任のお知らせ

テュフズード(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、取締役会長のDr Axel Stepken (63) の後任として、2023年1月1日付で、Dr Johannes Bussmann (53) が就任することをお知らせします。後継者戦略の早期策定により、会社経営の継続性を確かなものにしていきます。

Dr Johannes Bussman Dr Axel Stepken

Dr.Klaus Draeger(テュフズードスーパーバイザリーボード チェアマン)は次のように述べています。「早いタイミングではありますが、Dr.Stepkenのこれまでの素晴らしい功績に心から感謝申し上げます。彼のリーダーシップの下、テュフズードは長年にわたりTICサービス(試験・検査・認証サービス)の世界的なリーダーとして成長してきました。新会長のDr Bussmanは、我々が希望した後任候補です。同氏はエンジニアリングと国際的なマネジメントの両面における長年の豊富な経験を生かし、テュフズードの将来的な発展を形作ることができる方です。相互の信頼関係を基盤とし、我々の協業が成功することを期待しています。」


Dr Johannes Bussman氏の経歴は次の通りです:
独ルフトハンザ・テクニーク 社 エグゼクティブ・ボードの現CEO。2015年4月の現職就任以前は、同社の人事部門およびエンジン・VIPサービス部門のエグゼクティブ・ボードを率いる。同氏は1998年にABBマンハイム社でプロダクト・エンジニアとしてキャリアをスタートさせ、1999年にハンブルクのルフトハンザ・テクニーク社に入社後は、プロダクトマネジメント・デベロップメント部門でデベロップメント・エンジニアとして勤務。2001年に同社のアジア・オーストラリアのセールスディレクターに就任し、当初はハンブルク本社にて、2003年以降はシンガポール支社にて勤務。2005年に同社のマーケティング・セールス担当ヴァイス・プレジデント、2007年にコンポーネントサービス担当シニア・ヴァイス・プレジデント、2011年にエンジンサービス担当シニア・ヴァイス・プレジデントを歴任している。アーヘン大学にて航空宇宙工学を専攻し、燃焼工学の分野で工学博士号を取得。

 

Download Press Release(プレスリリースをダウンロードする:英語)

Download Photo Dr Johannes Bussmann  picture credit: Lufthansa Technik

Download Photo Prof Dr Axel Stepken  picture credit: TÜV SÜD

Press-contact: Sabine Hoffmann


次のステップ

Site Selector