ニュース・メディア

ホワイトペーパー「IEC 62443 産業セキュリティ規格」を公開

テュフズードジャパンは、産業用制御システムのサイバーセキュリティ対策の国際標準規格であるIEC 62443について、背景、概要、フレームワークを解説したホワイトペーパーを公開しましたのでお知らせします。

インダストリー4.0やIoTなどの新しいテクノロジーの普及により、オープンなネットワーク環境に移行している産業用制御システムには、大きなリスクが潜んでいます。近年、産業用制御システムへのサイバー攻撃が顕著に増加しており、そのサイバーリスクへの対策が急務となっています。

産業用制御システムの業界では、サイバーセキュリティ対策として、国際標準規格「IEC 62443シリーズ」をベストプラクティスとして活用することがセキュリティ対策の基本になりつつあります。テュフズードジャパンは、IEC 62443の導入から認証に至る各種関連サービスを提供しています。

このたびテュフズードジャパンは、ホワイトペーパー「IEC 62443 産業用制御システムセキュリティ規格 ―フレームワークの概要」を公開しました。サイバーセキュリティに対する脅威が高まっている背景や、IEC 62443シリーズの規格の概要、OT系サイバーセキュリティフレームワーク、そしてIEC 62443へのアプローチに関するメリットを解説しています。登録いただければどなたでもダウンロードいただけますので、ぜひご利用ください。

今後もテュフズードジャパンは、認証やトレーニングなどの各種セキュリティ関連サービスを通じ、国内におけるサイバーセキュリティ対策の促進に貢献していきます。

ホワイトペーパーの詳細・ダウンロードはこちら

※ダウンロードいただいた方に、期間限定で特典もご用意しています。


関連サービス

>>無料個別セミナー「産業システムのサイバーセキュリティ(IEC 62443)」

次のステップ

Site Selector