Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

テュフズードが協力企業として参加、経産省 近畿経済産業局「3D積層造形によるモノづくりプロセスのモデル化」成果発表会のお知らせ

ニュース・メディア

開催終了しました。成果発表会の様子がメディアで紹介されました:NHK NEWS WEB(外部サイト)

 

テュフズードジャパンが協力企業としてセミナーを提供した経済産業省 近畿経済産業局「3D積層造形によるモノづくりプロセスのモデル化」の成果発表会が、2021年3月15日(月)に開催されます(オンライン・会場開催)。


昨今、最終製品/連続生産へのアディティブマニュファクチャリング(3Dプリンティング、積層造形、以下AM)適用事例が増え、その「デジタルなものづくりの特長」がより具体的に理解されはじめました。

2019年には、経済産業省 近畿経済産業局が展開する産学官連携の広域ネットワーク「Kansai-3D実用化プロジェクト」が発足しています。テュフズードジャパンは2020年に本プロジェクトの「3D積層造形によるモノづくりプロセスのモデル化」協力企業として参加し、AM技術を最終製品/連続生産に適用する際に課題となる品質保証対策のための各種セミナーを提供しました。

このたび、本プロジェクトのモデル企業9社による成果発表会が開催されます(オンライン・会場開催)。詳細は以下をご覧ください。

 

 イベント名 

 日本初の「3D積層造形によるモノづくりプロセスのモデル化」成果発表会 ~大企業5社、中小企業4社が検証結果を発表(第1弾)~

 主催:経済産業省 近畿経済産業局 
 日時  2021 3 15 (月)13:0016:35 
 形式  オンラインおよび会場開催(大阪工業大学 梅田キャンパス 3階常翔ホール)
 内容

 近畿経済産業局が展開する「Kansai-3D 実用化プロジェクト」では、全国38社のモデル企業を対象に、国内外の3Dプリンタ関連企業27社等の協力のもと、3D製造プロセスに必要なデザイン・設計、3D造形、評価までのプロセスの導入検証を支援する日本初の取組を実施しました。

 今回38社のうち、コロナ禍で迫られる変革をチャンスと捉えて、様々な分野において新たなモノづくりに挑戦するモデル企業9社(大企業5社、中小企業4社)が、独自の目的をもって挑戦した3D製造プロセス検証の検証結果を発表します。

 備考

 会場開催の場合、定員先着95名。 オンライン(Youtube、事前登録制)での同時配信。

 詳細・申込

 イベントへのお申込み・イベントに関するお問い合わせはこちら(外部サイト)


本プロジェクトのセミナー受講者の声

  • はじめてのAM

「AMの基礎的な話から、規格など実用化に向けた今後の活動に役立つセミナー内容でした。」

「AMの実用化に向けた実務的な規格、品質保証のための仕組み作りで今後の参考になるセミナー内容でした。お客様やその業界にもよりますが、AMの品質の担保については従来の製造方法の品質保証に加え、新たな考え方も必要かなと感じました。」

  • AM品質保証入門

「今後、AMを用いた新たな事業を展開していく上で今回のセミナーの内容を役立てていきたいと思います。」

AMの品質保証に関する動向、今後の展開等について非常に勉強になりました。」

  • AM製造要求検証

「セミナーの内容が実務の良材考慮となる項目が多数ありました。特にセミナー最終の造形時のビルドプレート配置による不良起因の細かい指導がとてもためになりました。」


テュフズードジャパンのAM品質保証対策 支援サービス

テュフズードは、最終製品/連続生産へのAM技術の適用に向けた品質保証体制づくりのお手伝いをいたします。長年にわたり培ってきた各産業界に対応する品質マネジメントノウハウ、AM先進国ドイツでの監査実績、国際標準化委員会の活動を通した豊富なAM規格の知見・国際トレンドを総合し、以下のサービスを提供します。

  • トレーニング
    基礎コース
    ・はじめてのAM 
    ・AM品質保証入門
    ・DIN SPEC 17071 入門(今年発行 国際標準 ISO/ASTM 52920 のベース, AMプロセスの品質保証ガイドライン)

    専門コース
    ・AM製造要求検証
    ・AMプロセスバリデーション 
    ・AM生産・品質マネジメント 
    ・AM関連規格
  • AM品質保証体制づくりの支援
    ・AM関連プロセス構築・改善(AM製造者向け)
    ・AMプロセスバリデーション支援(AM製造者向け)
    ・AM部品調達ガイドライン構築・改善(Tier-1・OEM・ユーザー向け)
  • AM製造センター認証
    ・AM関連プロセスを有する製造会社または社内製造部門が対象
    ・AM製品購入者への標準規格準拠の品質保証体制と運用能力の客観的証明

 

ウェビナー「AMビジネスの成功と、仕組みづくり」公開中

 

お問い合わせはこちら 

※お問い合わせの際、弊社サービスは「AM(積層造形/3Dプリンティング)」をお選びください。

 

プレスリリースのダウンロードはこちら(PDF)

 

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa